浦安コンボイの模型たち 第228回

第三十弾 タミヤ1/72 日本海軍試作局地戦闘機 震電 その6


俺たちのタミヤ 4


懐かしきタミヤ1/72 五天王!
あと2機でそろいます。

4機目はあの震電です!
頑張って作りたいと思います。


ようするに、出戻りモデラー奮戦記です!(汗)
どうかよろしくお願い申し上げます。


画像


機体本塗装前まで来ました!
なんとかここまで来ました・・・
100円プラモと言えども大変な騒ぎです。(汗)

じっくりと当時を思い出しながらゆっくり作る意義は素晴らしい事です。
タミヤも震電の選択は確かでした。
全国の模型少年の記憶に深く染みついている模型とも言えましょう・・・


画像


前翼の水平翼を取り付けます。

やや角度がやや難しいです。
ガタがあったので胴体接着前に内部にプラ板で押さえ板を入れとくました。

ウエイトバランサーは最後にスクラッチします。
小さいんですよね・・・(汗)
どうしたものか・・・悩む・・・

画像


垂直翼は整形時にガタガタになり、プラ板を挟み込み現物合わせでいきます。
きつきつに合わせます。

画像


直角を出してガチガチに接着出来ました。
やっとこここまで来ましたよ!ふぃ~

画像


凄い形ですね・・・
軍用機とは思えん・・・
しかも日本海軍機とは・・・

これを短い期間で設計施工までした渡辺飛行機や鶴野少佐は凄いなぁぁぁ・・・
震電の開発の本てあるのですかね・・・
あれば読んでみたいです。

技術開発のこう言う本が大好きですね。
探してみようかな・・・


画像


筋彫りやリベット打ち終了しました。
傷凹みのチェックも終了しました!

いよいよ機体塗装に入ります。
小物は足回り、キャノピー、パイロット、ウエイトバランス、アンテナ、ピトー管です。
まだまだやる事が沢山あります。

問題は機体マーキングです。
垂直尾翼なのか、それともカウリングなのか・・・
推測工法塗装になりますが、ここが一番楽しいところなのかもしれません。

ちなみに言うと。

コ-J7-2となるのかな・・・




画像


黄橙色の震電・・・
どんな感じになるか楽しみでもあります。
何とか今月完成できそうです。



次回もお楽しみに・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック