楽しい!通常切手の世界へようこそ!第1回

100円切手 鵜飼い



またいきなり何を始めるのかと言えば、切手なのである・・・(汗)
子供の頃から郵便局で普通に売っていた、この郵便切手が大好きでした。
我輩が生まれる前から使用していた色々な通常切手・・・
気になっていた、あの切手たちを眺めながら楽しみたいと思うのであります。

久々の改訂版新シリーズ、通常切手の世界へ旅してみます。

画像



第1回目は、鵜飼いの100円切手です。
この切手を知ってる人はかなりの通常切手ファンですね!

我輩もしばらくはカタログでしか知りませんでしたが、使用済み切手を譲っていただきました。
昔からかなり気になっていた事があって、今回調べてみました。

この切手の絵の中に鵜は何羽いるのかです!(汗)


さっそく数えてみました(笑)
9羽です!

しかしながらよく見ると、鵜匠は手綱を10本手に握っていました!
この絵の外にもう1羽いる事になります。

次に、鵜匠の顔です!
どんな顔しているのか・・・

ルーペでのぞくと!
こわっ!

ジェイソンみたいな仮面した目がハート型なんです!(大汗)
う~ん・・・たまげた・・・
恐るべき事実に胸打ち震える思いでした。(笑)


しかし・・・
この切手は発行日は1953年と言うから、物凄く古いんですね!
この時代からして100円切手とは・・・
凄い高価な切手だった事は間違いないです。
たぶん葉書は5円位でしょうか・・・(大汗)



長良川の鵜飼い・・・

一度この目で見てみたいものです。

かみさんといつか旅に行きたいです。




次回もお楽しみに。




追伸


しばらく体の体調が悪く休んでいましたが、少し動けるようになりましたので、またゆっくりですが色々とチャレンジしていきたいと思います。

今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。


千葉ンプ





浦安コンボイの模型たち…第176回

第二十三弾 エルエス1/72 隼Ⅰ型 その4


エルエスだけどレベルに?(謎)


今年の目標10機目です。

1/72の単発機は意外と早い!

後半はどうしましょうか・・・

さてさて、今月ももう直ぐ終わり、来月は7月ですよ!



画像


しかし古いキットです。

当時100円ですが、100円ながらもしっかり出来ています。

フラップはぶった切りでしたので、丁寧に修正してあげました。

スタンド取り付け穴は塞ぎ、カウルフラップは一枚ずれているのでプラ板で手直し。

脚収納庫は空き空きのガランドウで当時を偲びます。(汗)



画像


機首の機関銃は大人しめなので、一度切り取りオーバー表現で作り直しました!

これで結構強そうに見えます!(笑)

おもろい・・・

着陸灯は間違えて穴開けてしまったので、もう一度埋め直します。(笑)



画像


翼を接着して全体を銀塗装しました。

傷や凹みを修正します。



画像


今度は脚カバーを自作します。

紙を当てて、鉛筆でなぞれば寸法が取れます。

こんな事するの久しぶりですたい・・・


画像


キットは脚柱とカバーが一体モールドだったので、カバーモールドを一度削り取り、プラ板でカバーを作り直しました。

これでかなり雰囲気良くなりました・・・

楽しいです。




画像


ここで、消えてしまった筋彫りとリベットを再現します。

段々リアルになってきました。

残りの工作は、機銃カバーと冷却取り入れ口とタイヤのホイールキャップの自作。
アンテナなどです。


しかし懐かしいプラモデルです・・・

大昔の模型も丁寧に仕上げていけば、中々捨てたもんじゃありませんね・・・

当時を思い出しながら作成も楽しいですね・・・


子供の頃は、どうでしょうか…このキットならば20分くらいで出来たと思いますが、今は時間をかけてゆっくり作る楽しみが、オヤジモデラーの楽しみになってます。




次回は全体塗装に入りたいと思います。
どうなることやら・・・

基本の銀塗装機を仕上げてから、迷彩塗装なので結構大変です。
1/72は小さいので、迷彩の斑は今回は筆塗りでいきたいと思います。


次回もお楽しみに・・・






浦安コンボイの模型たち…第175回

第二十三弾 エルエス1/72 隼Ⅰ型 その3


エルエスだけどレベルに?(謎)


今年もあと半年!

後半も頑張って模型作成していきます!

どうかよろしく!


画像


仮組が進みました。

体調が悪く、外に出られない日々です・・・(涙)


少し動いて、隼をやりました。




画像


爆弾を仕上げてみました。

おまけに付いていたとは忘れていました。

しかし単純な取り付けでかわいいです。(笑)



画像


タイヤのホィールの裏側を少し削りました。


画像


カウリングの機銃覆いが今一つなので、一度削り落としスクラッチしたいと思います。


画像


図面を出してきて確かめます。

しかし隼の模型は何年振りですかね・・・



画像


尾翼の仮組しました。

まだまだ修正の余地があります。(汗)

ここが大事なところです。


画像


全体を見てみます。

いい感じになってきました。

画像


風防の合いを見ます。

少し削らないとピッタンコになりません!

しかし、Ⅰ型の風防は上部が角ばってるんですよね・・・(汗)

この部品はⅡ型のです!(大汗)


こまりましたわい・・・

どげんするとね・・・




画像


脚柱を仮取り付けしました。

脚カバーは作り直します。




画像


スタイルいいですね・・・

隼は日本的な飛行機ですね・・・



画像


爆弾を仮取り付けします。

ここなのですかね・・・

爆弾積んだ隼は見た事無いんですけど・・・(汗)


でもまっ、面白いです。


画像




ぶ~んぅぅぅぅぅ・・・


(笑)



画像



いいっす!


エルエスだけどレベルに!

ヒントはレベルの箱絵です。



分かるかなぁぁぁ・・・わかんね~だろうなぁぁぁ・・・(笑)


あれですよ!あれ、あれ!(笑)



次回もお楽しみに・・・




浦安コンボイの模型たち…第174回

第二十三弾 エルエス1/72 隼Ⅰ型 その2


エルエスだけどレベルに?(謎)


今年もあと半年!

後半も頑張って模型作成していきます!

どうかよろしく!


画像


本日は、体調が急に悪くなって寝てましたが、遅い時間から起き出して模型です。(汗)
小湊鉄道の撮影に行きたかったです・・・(涙)
R28さんごめんね!


さて、隼を仮組しながらチエックしていきましょう!


平面形はいいみたいです。


画像


やはり日の丸筋彫りあります。

このままで行きます!



画像


懐かしいな~!

この丸い切り欠き!

知ってる人は今は少なくなりましたね・・・


画像


ラダーを取り付けてみます。

可動します!



画像



エンジンもそこそこリアルです。

いいじゃありませんか!このままで・・・


画像


プロペラは二枚です!

いや~古典機です!

いいです。


画像


水平尾翼も可動します。

ちょっとプラ樹脂が回りきってないです・・・(汗)

ここは丹念に修正ですね・・・


あの丸い切り込みはこの可動部なんです!(笑)

おもろいね!




画像


脚可動の膨らみを削り落としました。


画像


プロペラは真鍮管でさや管方式に改めます。


画像


ラダーの可動膨らみを少し削ります。


画像


排気管を修正して穴開けして、カウルフラップを筋彫りします。

カウリング下の空気取り入れ口は最後に整形処理しないと駄目ですね・・・



画像


全体を見ます。

久しぶりです・・・


中々のスタイルです!



画像



しかしながら修正する所は沢山ありますね・・・

程々に修正して完成を目指します!



次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第173回

第二十三弾 エルエス1/72 隼Ⅰ型 その1


エルエスだけどレベルに?(謎)


今年もあと半年!

後半も頑張って模型作成していきます!

どうかよろしく!



画像


エルエスの彗星が完成して、さて次はと言うと!

何と!またもやエルエスです!


以前からやりたいと思っていた事を今回は挑戦してみたいと思うのです。

エルエスだけどレベルに・・・謎ですね・・・(笑)

始まり、始まり・・・




画像



これは懐かしいキットです!

正真正銘のエルエス版のキットです。

何代目の箱なのか分かりませんが、いいですね・・・

子供の頃にさんざん作りました。


我、第125海軍航空工廠 第一格納庫の奥の奥に仕舞われていました・・・(汗)

陸軍機ですが発掘に成功しました!



箱のサイドもいいですね・・・

前回の彗星もあります。

ゼロ戦21型、52型・・・

彗星33型!



懐かしいです。

子供の頃全部作りましたね。





画像



箱を開けたら、何と!検査の修了書とおまけのセメダインが入ってました!

セメダインはミイラでした・・・(大汗)

昔のキットは必ずセメダインがおまけで付いていました。


画像


おおおおおおおおぉぉぉぉ・・・!

小学校以来です!


画像


しびれる・・・


画像


爆弾がおまけに付いていますね・・・忘れていました。






画像


機体のリベットがリアルですね!

100円とは思えん!



画像


この時代からして凄すぎる!

段々思い出してきますね・・・

隼はたしかⅡ型もありました。


画像


設計図が懐かしいですね・・・

皆さんも一度は作った事あるんじゃないかな・・・


画像


しびれる・・・

何と!ラダーやエレベーターが稼働します!


画像


エルロンも可動です!

さすがに車輪は引き込みはやめてしまいましたね・・・

昔はスタンドもおまけにあったような感じだけど・・・


画像


風防も稼動します。


画像


デカールはこの時代日の丸だけです!

いいんです!

これでも・・・(笑)


画像


主翼に1963年製造の刻印があった!

たまげた・・・


え~と・・・53年前ですか・・・


凄いね・・・




さてさて、どうなりますかね・・・楽しみです。



次回もお楽しみに・・・






浦安コンボイの模型たち…第172回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その7


ラバウルの彗星


今年もあと半年!

後半も頑張って模型作成していきます!

どうかよろしく!


画像


大変長らくお待たせしました。
ようやく彗星が完成しました!


やったよ~!コンボイの店長!

ついに出来ました・・・

何十年振りかの彗星です、お楽しみください。

ほとんどストレート組です。


画像



さて完成に向けて、味方識別帯を塗ります。

いよいよ来たなってな感じになりますね・・・


画像


下面色も一気に塗ります!

愛知色塗装にします。

彗星はジュラルミン地肌ではないみたいです・・・




画像


今度は上面色です。

いきなり塗るのではなく、薄く解いた濃緑色をサッと全体に塗ります。

これで次の濃緑色がきれいに乗ります。

画像


パネルごとに塗ります。

筆塗りでリアルに完成するにはこれが一番です。


 
画像


ホワイトを混ぜながら全体を塗り終えます。



画像


今回もデカールです。

エルエス最後の輝きのデカールです・・・

泣ける・・・



画像


筋彫りの日の丸はそのまんまでやります。(汗)



画像


編流測定線は一枚一枚貼りました・・・



画像


我輩の好みで、51号機にしました!(汗)

DD51が好きなので・・・むはは・・・

垂直尾翼のてっぺんを白に塗りました。(願望的)

このくらいにしときます。


画像


最後は釣りのテグスでアンテナ線を張ります。

ピーン!


画像


でけた~!



画像


しびれるね・・・

何十年振りかの彗星は、いい・・・


画像


エルエスの彗星も丁寧に仕上げれば、中々捨てたもんじゃないですよ!

我輩が小学校の頃は、100円ですからね・・・

今回のこの模型は最後の再販品で500円くらいしたのかなぁぁ・・・

買っといてよかったです。



画像


大昔の彗星は、爆弾倉が開いて爆弾がセット出来たと思い出す。

脚も引き込み式だったはず!(汗)

マブチのベビーモーターでペラを回したか忘れましたが・・・


あの時代が嘘みたいです・・・

物凄く良い時代でした。



画像


やっぱ!

彗星はかっこいいな・・・


今回は二式艦偵ですが、日本の飛行機はかっこいいです。




画像


エンジンを始動してみました!

いいエンジンです!

物凄い勢いでプロペラが回りました!




アツタ32型エンジン・・・



151空の整備兵の苦労が今、分かるような気がします。




画像



今回の作成での事故報告です。

① 尾輪の接着がずれてしまった!(汗)

② 右翼の後縁処理が今一つだった。

③ 増槽タンクを付けたかった・・・(涙)

④ 脚柱をもう少し修正したかった。

以上です。


素晴らしい模型でした。



ラバウルで作戦任務に就いていた151空だが、アメリカ軍の攻勢でトラック島に引き上げ。
トラックからの挺身偵察に向かいます。





次回の浦安コンボイの模型をお楽しみに・・・






浦安コンボイの模型たち…第171回

第十二弾 エッシー1/9 BMW R75 ソロ その6

映画大脱走 マックイーンを偲んで・・・



画像


久しぶりにドイツ軍のBMWです!

中々前にすすみません・・・(汗)

今回は、フロントホークの作成です。

仮組から様子を見ます。


画像


かなりごついです!

昔のバイクはごついです・・・


画像


しかしでかい!


画像


ホークの中にバネを入れて動くんですぜ!(汗)

たまげる・・・


画像


もう、勢いで接着します!


画像


でかい!

100円ショップで買った、木の洗濯バサミがここで大活躍です!




画像


フェンダーを仮取り付けするとらしくなってきました!

画像



タイヤも取る付けると、来た~!てな感じになります!



次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第170回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その6


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


今日は天気も悪く、家で過ごしました。

夏の計画で三江線に行きたいなと・・・(汗)


さてさて彗星をやっつけて行こうか!


パイロットの塗装から始めました。

首を一度切り離し!(大汗)少し横向きに変えてアクションさせました。




画像


タイヤや脚注など塗装します。



画像


キャノピーはコンパウンドで磨くだけです。

しかしながら古いので、氷砂糖です・・・(汗)

少しクリアーで良しとします。

ノスタルジックです。


画像


勢い、キャノピーの塗装です。

先に黒で下地塗りです。



画像


次に銀で枠を塗ります。

筆塗りです。

枠多い!


今気が付いたが、アンテナ取り付け穴が位置が違う!(大汗)

一度透明ランナーで埋めます。(涙)




画像


仮取り付けして様子を見ます。

151空のパイロットがこっちを向いています。

よっしゃ~!


YES!



画像


ここで待ち切れず、足付けました!

何か差し込み穴が変でした・・・

謎!(汗)





画像


タイヤと脚カバーも付けてみました!

このタイヤ回りますぜ!旦那・・・

設計がいい!

おもろい・・・



画像


どうですかね・・・


爆弾倉はありません!

このままでいきます。いかせて・・・(笑)



画像


最後の取り付け部品のアンテナ柱です。(汗)

やっぱ、これはしょぼいし、強度ゼロです。(笑)


画像


銅板細切りで作り直します。

かなり頑丈にです!

アンテナって絶対折れるんですよね・・・



画像


アンテナを取り付けました。

来た~!


やっとここまで来ました!


画像


LS(エルエス)のプラモデルは楽しいね・・・

小学校6年生以来の彗星です!



しかし本当に久しぶりです・・・ここまできたのが・・・

懐かしいです。

当時はこの模型は100円ですからね・・・


昔のは脚は引き込み式だったような・・・

爆弾倉も開きましたよね・・・(汗)



次回は、やっとの全体塗装に入れそうです。

151空は機番号だけなんですよね・・・

どうしょうかなぁぁぁ・・・


125号機にしたいが、偵察部隊は機番号は二桁番号なんですよ・・・(汗)


想像的願望仕様にするかなぁぁぁ・・・(笑)


次回もお楽しみに・・・









浦安コンボイの模型たち…第169回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その5


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


本日は体調が悪く、少しだけ彗星を進めました。

風防の前部の隙間埋めです!(大汗)

今回は、伸ばしランナー作戦でやってみました。



画像


後はエポパテで慣らして終わりです。


画像


乾いたらペーパーで仕上げます。

しかし隙間だらけじゃわい!(汗)

久々に、木工ボンド作戦もやってみるかな・・・

画像


筋彫りとリベット打ちをやります。


画像


どうでしょうか・・・

あまり気合い入れすぎても完成しなくなりますから、この位で終わりにします。(笑)



画像



トラック島からラバウル、ツラギ・・・

知る人ぞ知る、凄い偵察作戦があったんです!

151空 二式艦偵・・・



次回は全体塗装に入りたいと思います。


浦安コンボイの模型たち…第168回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その4


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


キットのプロペラシャフトはガタガタで使用不可でした。

一度通し穴をランナーでふさぎ、整形します。

彗星もさや管方式にしますが、液冷式なので芯出しがいつもながら難しいです・・・


画像


見た目以上にキズや凹み、合わせ目が上手くいかないです・・・(汗)

古いので仕方ありません、一つ一つつぶしていくしかありません。


画像


主翼を接着しました。

胴体は機首とのつながりが悪くプラ板を挟みます。



画像


簡単そうで面倒なキットです・・・(汗)

やっぱ修正の道を選びます。

近道は無いのです・・・


画像


二度目の銀塗装です。(大汗)

薄く塗り、もう一度チエックに入ります。

主翼も前縁、後縁が今一で修正に入ります・・・



少ししか前に進みませんが、焦っては完成しません。

辛抱しかないのです。




次回もお楽しみに・・・





浦安コンボイの模型たち…第167回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その3


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


仮組が続きます。

操縦席とパイロット、旋回機銃などの干渉を見ます。

他は、何もしません。

キットのままです。



画像


主脚を見ます。

取り付け穴がややずれているので、修正します。

タイヤの角度が真っすぐになります。
(ここ大事です。)



画像


翼の取り付け部は下部に隙間が発生。

上面を基本にして修正します。

画像


スピナーとプロペラを磨きました。

エンジン部は排気管の穴開け位にします。


画像


機首部とは段差があります。

胴体にプラ板を挟み込み作戦で対応したいと思います。

画像


雰囲気はいいです。



画像


全体を見て、良しとします。

画像




画像


なんてったって100円ですから・・・(汗)

ノスタルジックヒーローですね!


画像


分解して、一度銀塗装します。



次回もお楽しみに・・・



浦安コンボイの模型たち…第166回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その2


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


さぁ~!

仮組開始です!

楽しみです・・・


まずは胴体からチエックします。
何と!爆撃照準器までもがモールドしてあります!

う~ん凄い・・・

真っ二つに分かれています!(汗)

ここは今なら別部品ですよね・・・(笑)

たまげる・・・

しかし今回は偵察機なのでこれは取り払う予定です。

付けたまま配置された機体もありますが、やはりここは二式艦偵で行きたいと思うのです。



画像


機首部は33型への移行も考えて別部品になってます。

液冷なのでスマートな機首です!

ここがこの飛行機のかっこいいところですね・・・

しびれる・・・


子供の頃にこの飛行機の事を知った時、日本にも凄い飛行機があったんだな・・・と思いましたね。



画像


キャノピーの仮取り付けしました。

前の部分が大きな隙間があります・・・

う~ん・・・こんなんだったっけな・・・(汗)


まぁ・・・仕方ありません、後で修正したいと思います。


画像


機首部と合体させます。

う~ん・・・彗星ですね・・・

いい感じです。



画像


たしか靖国神社に彗星があるんですよね・・・

大昔にテレビで復元作業したやつです。

見に行きたいな・・・


彗星には胴体に7.7ミリ機銃が付いていたんですね!

忘れていました。

艦爆でも、機銃が付いているのでいざとなったら、敵機を攻撃出来るわけですね・・・



画像



スタイルはかなりいいです!



次回もお楽しみに!



浦安コンボイの模型たち…第165回

第二十二弾 エルエス1/72 彗星 その1


ラバウルの彗星


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


出てきた~!

エルエスの彗星!

我、第125海軍航空工廠、第一格納庫の奥の奥に格納されていました・・・

びっくりした・・・


生き残っていました。

これはたしかエルエス最後の輝きを出して倒産する少し前の再販品です。



懐かしいな・・・

アオシマのプラモデルとエルエスのプラモデルはかなりお世話になりました。

全て100円でした・・・(涙)






画像


箱を開けてみました。

たしか1990年代かな・・・

いつ購入したのか忘れましたが、この時たしか二式水戦とゼロ戦21型なども買った記憶があります。

以前の記事で二式水戦がありましたね。

やや古いです。


我輩が子供の頃のパッケージは違ったような気がするが・・・

どうでしょうか・・・

この彗星は33型もありましたね・・・

液冷エンジンから空冷エンジンに換装した機種でした。

五式戦の艦爆型みたいでしたね・・・(笑)



さてさて、今回はこの彗星でラバウルで作戦任務に就いていた、151空と言う偵察部隊所属機を作りたいと思います。





画像



すげ~色したパーツです!

お前はマッチボックスかぁぁぁ!

(笑)



画像


おおおおおおおおぉぉぉぉ・・・!

来たぞ~!

懐かしいです!

日の丸の筋彫り!

泣けるね・・・



まじで泣ける・・・



画像


どうなりますかね・・・

小学校六年生以来ですね・・・



画像


おっ!

これじゃ!

懐かしいな・・・細いキャノピー!

久々!


画像


う~ん・・・だんだん思い出してきました!

パイロットは二式水戦よりいいです!

画像


意外とリアルです!



画像


この設計図は記憶に無いですね・・・


画像


やっぱ全然違うと思います。

もっとリアルな設計図だったような・・・


ちょっと変てこな設計図です。

画像


まぁ、良しとしましょう!

楽しみたいと思います。

画像



彗星は、当時二式艦上偵察機と呼ばれていました。

二式艦偵(にしきかんてい)です。

渋い・・・


空母専用機でしたが、唯一陸上機部隊の151空に配備されてました。

それがラバウルで展開していた151空なんです。


知る人ぞ知る、ラバウルの151空 彗星(二式艦偵)の戦い・・・



次回もお楽しみに!



浦安コンボイの模型たち…第164回

第二十一弾 アオシマ1/72 カーチスP-36 その3


懐かしきB級模型アオシマの世界へようこそ!1機目


懐かしいプラモデルが大好き!
子供の頃作った、あの模型達を現代に蘇させるブログです。

今は無き偉大なる模型店コンボイ・・・
そして数多く消えていった千葉の老舗模型店・・・

力無き老眼との戦いの中、昭和の模型達を今ここに・・・
出戻りモデラー奮戦記!
お楽しみください。

画像


出来たぁぁぁぁ・・・!

やったよ~コンボイの店長!

ついに作りました・・・


画像


さてさて!

今回は北欧のノルウェーのカーチスP-36です!

ドイツ軍に攻め込まれて、降伏したノルウェー・・・

摂取したP-36はなんと!フィンランドに売却したんですよ・・・(汗)

凄い時代ですよね。


ノルウェーの飛行機の国籍マークは国旗のようなペイントで面白いです。


まずは下地のホワイトを塗装します。





画像


今度は、赤を塗ります。

白を塗ると発色が良くなります。


画像


真ん中にロイヤルブルーの青色を塗ります。


画像


う~んおもろい・・・


画像


でけた!

いいっす!


画像


キャノピーを取り付け塗装します。


画像


もう少しで完成です。


画像


今度は墨入れと、ウォッシングです。

これは別々に塗り分けます。

ウォッシングは全体を一気にエナメルで洗い流し戦法で、薄く汚れを全体に行き渡ります。

これで落ち着いた発色になり、軍用機にいきなり変わります。



画像


しぶい・・・

画像


次にタイヤと排気管を汚します。

良い時代です・・・


画像


ピトー管は部品が無いので自作です。



画像



アンテナ線を張り巡らせば完成です。


画像


来た~!

出来たぞ~!

渋い・・・渋すぎる・・・





画像


記番号は125号機ですたい!

好きですね・・・(汗)



画像


アオシマのP-36も捨てたもんじゃないなぁぁぁ・・・



画像


ぶぅぅぅぅぅ・・・んんん・・・




画像


ババババババ・・・

ウィィィィン・・・

また始まったよこのオヤジは・・・(笑)



画像


エンジンを始動してみます!

一発です!

かなりいいエンジンです!

今回の作成での事故報告です。

① タイヤのホィールが一発で決まらなかった。

② 操縦席後方キャノピーの取り付けと塗装が今一つでした、次回の課題?

③ 機関銃のタイプが分からず、機銃口のみです。

④ エンジンの改修工事が出来なかった。

⑤ エアインテークをオミットです。

⑥ 尾翼は可動にすればよかったと思う・・・(汗)

以上です。


かなり楽しめました。

今度はアオシマのバッファロー作りたいです。



画像



北欧のP-36・・・

これから物語が始まるんですよね・・・



次回の浦安コンボイの模型たちをお楽しみに・・・



浦安コンボイの模型たち…第163回

第二十一弾 アオシマ1/72 カーチスP-36 その2


懐かしきB級模型アオシマの世界へようこそ!1機目


懐かしいプラモデルが大好き!
子供の頃作った、あの模型達を現代に蘇させるブログです。

今は無き偉大なる模型店コンボイ・・・
そして数多く消えていった千葉の老舗模型店・・・

力無き老眼との戦いの中、昭和の模型達を今ここに・・・
出戻りモデラー奮戦記!
お楽しみください。

画像


仮組完了です。

さて、一度銀塗装します。



画像


アオシマの製品では無いみたいに綺麗になります。(汗)


画像


機体内部色も仕上げていきます。

画像



今度1/48でP-36を作ってみたいなぁぁ・・・

画像


P-36の1/32なんてあるのかな・・・

でかいP-36もいいな・・・


画像


エルロンセットします。

今回も作動させていきましょう!

楽しみ・・・


画像


ホイールキャップを取り付けましたが薄かった・・・
もう一度やり直します。(汗)


画像


主翼を取り付けました。


画像


ピッタンコです!

気持ちいいなぁぁぁ・・・





画像


ホイールを作り直して、仕上げます。

タイヤも太いので、一度半分に切り離し再度貼り合わせています。

主脚柱も仕上げます。

ここ大事です。

 
画像


最終の仮組で傷や凹みを修正します。

画像


おっ!


いい感じです!


画像


さて、いよいよ本塗装に入ります!



浦安コンボイの模型たち…第162回

第二十一弾 アオシマ1/72 カーチスP-36 その1


懐かしきB級模型アオシマの世界へようこそ!1機目


懐かしいプラモデルが大好き!
子供の頃作った、あの模型達を現代に蘇させるブログです。

今は無き偉大なる模型店コンボイ・・・
そして数多く消えていった千葉の老舗模型店・・・

力無き老眼との戦いの中、昭和の模型達を今ここに・・・
出戻りモデラー奮戦記!
お楽しみください。


画像


さて、今回の模型作成はあのアオシマです。

アオシマの飛行機模型は、小学生の頃ドカドカ作っていたプラモデルです。
やはり100円です。

1/72の飛行機はほとんど100円でしたね・・・
良い時代です。


アオシマで作成した事があるのが。

① F4F ワイルドキャット

たしか翼が折りたためました。

② ドーントレス まぁ・・・それなりに・・・爆弾があったね。

③ アベンジャーそれらしく見える・・・翼が折りたたみです。

④ キングコブラってありましたね・・・

⑤ ハリケーンのでかい機関銃が・・・




外国機はこれくらいかな・・・

日本機は全部作りましたね・・・(汗)


さてさて今回のP-36は、我、第125海軍航空工廠 第二格納庫の奥に仕舞い込まれていました。(大汗)

P-36はもう忘れ去られた機種の模型ですかね・・・

ほとんど現代では見かけなくなりました。

知る人も少なくなりました。



出てきたP-36はいつ頃購入したのか忘れましたが、200円時代の物です。(汗)
何気に購入したんですね・・・(笑)

P-36は有名なP-40の前身ですからね、胴体が似ています。

我輩はアメリカ軍の飛行機の中で結構好きなタイプの飛行機です。

空冷な所が好きな所以ですね。


しかし、この箱絵は今一ですね・・・

もう少しどうにかならなかったんですかね・・・

購買欲がまったく沸きません・・・



画像



箱のサイドに他の模型の紹介が印字されていました!

懐かしい日本機は

① ゼロ戦21型

② 五式戦2型 A7M2って何?(汗)

③ 烈風

④ 彩雲

⑤ 紫雲

⑥ 晴嵐

⑦ 瑞雲 AM22って何ですかね・・・


凄いね!この選択!

全部作りましたね・・・(汗)

すさまじかった!(笑)


分かる人には分かりますね・・・(笑)

すげ~アオシマでしたね・・・

ちよっと解説しますと、ゼロ戦はどうですかね・・・(笑)
これがゼロ戦?見えなかったな・・・むはは・・・

五式戦は何と!二型なんですよ・・・排気タービンが無い二型・・・(大汗)
凄まじかったな・・・(笑)

烈風は翼が折りたたみで排気管が大汗でしたね・・・

彩雲も翼折り畳みで、なんじゃこれはの世界でしたね・・・こわっ!

紫雲は何機か作りましたね・・・まだ倉庫にあるかも・・・
翼の付け根がいい加減でしたね・・・雰囲気はいいが・・・

晴嵐!これしか無いもんな・・・キャノピーがなんでしょうか・・・(大汗)

瑞雲!懐かしいな・・・これも翼が折りたたみでしたね・・・ガタガタでした・・・

我輩もよく覚えてるもんですね・・・(笑)



外国機は

⑧ ヘルダイバー これだけ作らなかったな・・・(汗)

⑨ ハリケーン 意外とまともでした、機関銃がでかいんですよね!

⑩ バッファロー 思い出した、これは作りました。主脚が引き込むんですよ!おもろい・・・

⑪ 今回のP-36です、この中で一番まともかもしれません・・・

⑫ ドーントレス これも作りましたね・・・ボロかった懐かしい・・・

⑬ ワイルドキャット レベルのワイルドと並べて飾ったな・・・(汗)

⑭ アベンジャー 意外とでかかったね!主脚も引き込んだかな・・・?

⑮ P-63 キングコブラ へんてこりんな飛行機でした、たしかドアのガラスが無いんだよな・・・

双発の飛行機もありましたね・・・

なんだか忘れましたが・・・




画像



箱を開けてみました。

う~ん・・・アオシマだぁぁぁぁ・・・



画像


設計図がしょぼい!

これ超~!懐かしいですね・・・

泣ける・・・

へたっぴーなイラストです、子供の絵か!(笑)

しょぼいなぁぁぁ・・・

B級模型ですね。


しかしながら、当時の子供たちが簡単に作る事が出来るこのプラモデルの存在はでかい!

さすが!アオシマです!




画像



すさまじいなぁぁぁ・・・


画像


タイヤはマッチの火でつぶして止めます!

凄いよ!凄いよ!

皆の衆~!


こういう時代ですよ・・・(笑)(大汗)


いいわ・・・

あの頃は何とも思いませんでしたね・・・




画像


セメダインが入っていたよ!

しかもアオシマのロゴ紙付き。

ミイラでした・・・(笑)



画像


胴体です。

大昔の模型ですね・・・

すさまじいなぁぁ・・・

ヒケが凄い!


画像


う~んどうですかね・・・(汗)

パネルラインが???????ですたい!

ウケるなぁぁぁぁ・・・


おもろい・・・



画像


これだけっす!

懐かしいなぁぁ・・・

大丈夫なのかぁぁぁ・・・(笑)


小学生の頃を思い出すな・・・


アンテナ、ピトー管、機銃やコックピットなど何もありません!(笑)


小学校の頃はこれが当たり前でした。


画像


パイロットが付いていたけど・・・

手足が無い・・・(大汗)

すごすぎる・・・

あるだけいいか?(滝汗)


こわいかな・・・


画像


早速、切り出し 仮組しました。

作動翼はエルロンとフラップです!

ガタガタエルロンは作動は無理かな・・・固定ですね・・・

う~んどうしょうかなぁぁぁ・・・


もうノスタルジックにひたります・・・

それしか無いですね・・・精神衛生上・・・(笑)

無理は禁物です!マジで・・・



変なスイッチが入ると、完成しなくなるので・・・(大汗)(笑)





画像



しかしながら、アオシマの中では、まともな方ですね、このP-36は。


今回は、ノルウェーのP-36にしてみます。


画像



キャノピーはでかい!(笑)

まぁ・・・楽しむ事にします。
今更これをトコトンいじくりまわして改造しても完成しなきゃ意味が無いですよね・・・




次回もお楽しみに!



浦安コンボイの模型たち…第161回

第二十弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 鍾馗 その4


俺たちのタミヤ 2


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像



鍾馗完成しました~!

(まだアンテナ線とTOPコートがまだですが、一応ここで完成としました。)

やったよ~!コンボイの店長!

やったよ・・・


今年7機目の完成となりました。

小松崎先生の箱絵が心をくすぐります・・・

47戦隊・・・




画像


胴体の火の玉塗装します!

マスキングしてゆっくりと三回塗装です。

しびれますね・・・この塗装は・・・

泣けるね・・・


こんな戦いがあったとは・・・(涙)



画像


B-29に体当たりする部隊です。

ドイツとは違った重爆撃機との闘い・・・

物凄い精神状態だったと思います・・・


画像


味方識別帯色を入れました。


画像


日の丸を入れます!

そして47戦隊の部隊マーキングを入れます。


いきなり、この小粒の鍾馗が輝きだします!

迷彩塗装をはがし落とし、ジュラルミンの地肌の鍾馗・・・

しびれます・・・(涙)



画像


墨入れをしながら、タッチアップします。


画像


新品機から実戦機に切り替わる瞬間です。(汗)


画像


アンテナを立てれば完成です。


画像



完成しました!

久しぶりです・・・

小学校以来の完成になります。





画像


タミヤの鍾馗も捨てたもんじゃないよな・・・

初版は1964年頃の製造じゃないかな・・・



当時の100円プラモデルもこうして現代に蘇る意義は大きいのではないかと思うのですよ・・・



画像


大人の模型趣味口座ですかね・・・(汗)



画像


しびれる・・・


画像


タミヤのおまけ、スタンドにパイルダーオーン!しました!(笑)

しかも、スタンドのタミヤのロゴマークを塗装、デカールの名盤文字も貼りました。


ちょっと活かすよね!





画像


スタンドからエンジン始動してみました。

物凄い回転音が響きました。



今回の作成事故報告はありませんでした。
いいKITです。

鍾馗で思い出すのが、昔のオオタキの1/48鍾馗も思い出しますね。
今はアリイから出てるそうです。
凄いね・・・
もう一度作成してみたいですね。





画像



地上に降ろして、再度エンジン始動。

日本陸軍 第47飛行戦隊 鍾馗


昔読んだ、松本零士先生の漫画を思い出します。
B-29に体当たりして、B-29の機体の上に乗り上げそのまま墜落していく鍾馗とB-29の事を・・・


余りにも壮絶なストーリで泣きました・・・






次回のコンボイの模型たちをお楽しみに・・・








浦安コンボイの模型たち…第160回

第二十弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 鍾馗 その3


俺たちのタミヤ 2


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


足りない筋彫りをもう一度掘りました。


画像


もう一度最終の銀塗装します。


画像


タミヤの鍾馗は小粒ながら素晴らしいです!

画像


さて、47戦隊塗装に入ります!

来た~!

防空戦隊の日の丸白帯から行きます!


画像


幻惑塗装します。

この鍾馗も全て筆塗りでいきます!



画像


下地の仕上げが出来ました。

次回は火の玉塗装にに入ります。


B-29に体当たりしてまでも祖国の空を守った男たちの飛行機が蘇ります・・・(涙)





浦安コンボイの模型たち…第159回

第二十弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 鍾馗 その2

俺たちのタミヤ 2


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


さて、仮組開始です。

主翼のフラップから行きます。

懐かしいですね・・・

タミヤは皆フラップが作動します。

画像


パリパリ動きます。

子供頃は楽しんだね・・・

空戦フラップ!

色々と飛行機の勉強しました。



画像


バリやへそを取りながら仮組して全体の様子を見ます。


画像


鍾馗は小さいですね・・・


画像


久しぶりです。

やはり小学校六年生以来かな・・・作るの・・・

おまけの増槽タンク取り付けてみます。

この位置なんですね・・・忘れていました。(汗)




画像


雰囲気いいですね・・・

思い出してきました。




画像


青竹色塗りました。

この色好きです。

陸軍もこの色なのですかね・・・

少し認識不足です。(汗)


画像


主翼や胴体も一気に合わせました!

早っ!




画像



何と!着陸灯のガラスが省略されていました!

疾風はちゃんと部品になっていたのに・・・

残念です。

仕方ないので、いつもながら修正に入ります。

切り欠きました。



画像


透明ランナーの余りをゆっくり温めて溶かし、切り欠きに大きく押し充ててみます。

画像


余分な所をヤスリで削り整形して完成です。

簡単です。

コンパウンドで磨きます。


画像


あっと言う間に全体が見えてきました。

キズや凹みをこの時点で全て修正します。

一度銀を塗装して、再度チェックしていきましょう・・・



画像


プロペラやエンジン塗装。

主脚やタイヤ塗装。

う~ん・・・細かい追加工作は程々にして47戦隊塗装に入りたいと思います。



次回もお楽しみに・・・




浦安コンボイの模型たち…第158回

第二十弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 鍾馗 その1

俺たちのタミヤ 2


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


タミヤの疾風の次は、同じくタミヤ1/72の鍾馗に決定しました!

タミヤ五天王の鍾馗です!

タミヤ五天王とは、我輩が子供の頃にそう呼んでいたタミヤ1/72の飛行機模型の事なんです。

① ゼロ戦 32型

② 疾風

③ 鍾馗

④ 雷電

⑤ 震電!



懐かしいですね・・・

この五種類のタミヤの飛行機模型・・・

当時タミヤの1/72の飛行機模型はこれだけだったんす!(大汗)

まじっす・・・

これっぽっちです・・・


でもいいす・・・いい思い出が出来ました。


画像


箱の横に他の三種類が載っています!

作成した疾風がありますね・・・

おっ!雷電と震電かぁぁぁぁ・・・

ふふふ・・・(謎)!



画像


箱を開けます。

懐かしいです!

いやっほ~!



画像


うわわわわ・・・

このデカールそのまんまやん・・・


しびれる・・・


画像




画像


これだけっす!

いいですね・・・(笑)


今は100円プラモなんてないよなぁぁぁぁぁ・・・

あの頃は最高じゃった・・・

握りしめた100円玉 一つ・・・


泣ける・・・


画像


おっ!

画像


おおおおおおおおぉぉぉぉ・・・!

久々・・・

今回はどれにしょうかな・・・

箱絵と同じ47戦隊にします!




画像


泣ける・・・

画像


泣けるなぁぁ・・・

画像



マジで泣ける・・・

近所の仲間と我輩の家で作ったよな・・・



画像


フラップの切り欠きがマジで泣ける・・・


画像


この時代からして、筋彫りですぜ!旦那・・・

しかも100円・・・

恐るべきタミヤです。

もっと出して欲しかったな…タミヤよ・・・

あの頃このシリーズで出して欲しかったのが。


① 紫電改でしたね・・・

漫画で紫電改のタカってのがありましたから・・・


② やっぱ隼ですね。

③ 五式戦です!

④ 飛燕

鍾馗と疾風が出てるのでこの三種類は出して欲しかったね。

⑤ 零式三座水偵 タミヤの水上機出して欲しかったね・・・あの頃・・・

後は外国の飛行機でしたね・・・





画像


いや~この部品構成・・・しびれる・・・

久しぶりだな・・・

カウリングやプロペラが泣けるね・・・


画像



切り出して仮組開始です!

どうなるかな・・・

今回もストレート組です。

今更これをいじくり回しても意味が無いので、当時を思い出しながら作成します。


しかし・・・何機位作りましたかね・・・

10機位は作ったと思います。


今回も焦らず、ゆっくりと丁寧に仕上げていきたいと思います。

ノスタルジックにひたります・・・




次回もお楽しみに・・・





浦安コンボイの模型たち…第157回

第十九弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 疾風 その4

俺たちのタミヤ


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


タミヤ1/72 疾風完成しました。

(TOPコートはまだですが。)

やったよ~!コンボイの店長!


大分時間が過ぎてしまいました・・・(大汗)



画像


迷彩塗装は力尽きて、ひとまず完成とします。

小松崎先生風迷彩塗装とはまだまだ程遠い仕上がりです。(汗)

時間がある時に追加塗装を行いたいと思います。




画像


小学校六年生以来の完成となりました!

当時100円です!

懐かしく楽しめました!


画像


大人になって爺になる今・・・

思い出と共に涙が出ますね・・・


懐かしいな・・・
この模型は・・・




画像


ぶ~ん・・・


ウィィィィン・・・




画像


ババババババ・・・


ぶ~ん・・・


いい歳したオヤジが夜な夜な部屋を歩き回ります・・・(笑)


今の子供たちはこんな事しないよなぁぁ・・・(笑)


おもろい・・・





画像



タミヤスタンド!オ~ン・・・!


ガシャァァァァン・・・





画像


パイルダーオ~ン・・・!

マジンガーか!(笑)


今回、おまけのタミヤのスタンドに取り付けました!

超~懐かしいです!

子供の頃、自分の机の棚に飾りました!


いいっす!




画像


エンジンを掛けてみました!

一発でエンジン始動しました!

いいエンジンです!


今回の事故報告です。

① 左のタイヤの取り付けが角度が悪かった。

② カウリングがやや左に取り付け。

③ 排気管の一部数間違えた。(汗)

以上です。


かなり楽しみました。



次回もお楽しみに!




小湊鉄道 野外観察フィールドノート 43ページ

行こうぜ!俺たちの小湊!その5



久しぶりの小湊鉄道撮影会です!
いすみ鉄道の撮影会を終えたばかりですが小湊の撮影会やりました!

楽しい!嬉しい!興奮!

新緑の世界で里山と山里の風景に心安らぎました・・・

生きてるって素晴らしい・・・

素敵な出会いの中で興奮の撮影会でした。

それでは始まり、始まり・・・


撮影は5月3日です。数回に分けてUPします。


画像


新撮影ポイント発見!

何気ないところにあるんすよね・・・(汗)

しかも今回はケツ打ちです!



画像


動画がいいかな・・・


画像


いいっす!

木漏れ日の緑のトンネルです・・・

やっぱ動画かな・・・

次回挑戦!



画像


R28さんの提案で、小湊4連キハサウンドを聞きに撮りにいきやした!

馬立駅に久しぶりにやって来ました!


画像


迫力の4連キハ軍団です!

DMHサウンドが響き渡りました!


木の電柱が渋いね・・・


画像


何とも懐かしいです・・・


画像


おおお!

昭和的です・・・



画像


移動中、里見駅に寄りました。

木彫りがいいね!

見に来てね!



画像


バスが二台並んだ!

ラッキーでしたよ・・・



次回もお楽しみに・・・




小湊鉄道 野外観察フィールドノート 42ページ

行こうぜ!俺たちの小湊!その4



久しぶりの小湊鉄道撮影会です!
いすみ鉄道の撮影会を終えたばかりですが小湊の撮影会やりました!

楽しい!嬉しい!興奮!

新緑の世界で里山と山里の風景に心安らぎました・・・

生きてるって素晴らしい・・・

素敵な出会いの中で興奮の撮影会でした。

それでは始まり、始まり・・・


撮影は5月3日です。数回に分けてUPします。


画像


気持ちいい~!


なんも言えねぇぇぇぇ・・・!


里山は最高ですね!



画像


気持ちいい~!


なんも言えねぇぇぇぇ・・・!


里山は最高ですね!


(笑)

やっぱ小湊の里山はいい!




画像


おっ!

追いついた!(汗)




画像


おもろい!

初めて横に並んだぜよ!





画像


いいね!いいね!

う~ん、願わくば、煙を見たいよ~!

モクモク!



画像



大久保の大カーブに吸い込まれていきます・・・

モクモクがあれば・・・(汗)



次回もお楽しみに!


小湊鉄道 野外観察フィールドノート 41ページ

行こうぜ!俺たちの小湊!その3



久しぶりの小湊鉄道撮影会です!
いすみ鉄道の撮影会を終えたばかりですが小湊の撮影会やりました!

楽しい!嬉しい!興奮!

新緑の世界で里山と山里の風景に心安らぎました・・・

生きてるって素晴らしい・・・

素敵な出会いの中で興奮の撮影会でした。

それでは始まり、始まり・・・


撮影は5月3日です。数回に分けてUPします。


画像


トロッコが帰って来るまで、キハを撮影します。

素敵な里山がありました・・・



画像


キハにも乗りたいです!




画像


一本木ポイントにやって来ました。

チラリンコと、こいのぼりが見えます。

画像


やはり紅葉のがいいかなと・・・

しかし夏の朝露もいいかな・・・



次回もお楽しみに・・・



小湊鉄道 野外観察フィールドノート 40ページ

行こうぜ!俺たちの小湊!その2



久しぶりの小湊鉄道撮影会です!
いすみ鉄道の撮影会を終えたばかりですが小湊の撮影会やりました!

楽しい!嬉しい!興奮!

新緑の世界で里山と山里の風景に心安らぎました・・・

生きてるって素晴らしい・・・

素敵な出会いの中で興奮の撮影会でした。

それでは始まり、始まり・・・


撮影は5月3日です。数回に分けてUPします。


画像


大戸踏切先のへばりつきポイントで撮影してみました。
チラリと見える養老川がおしゃれです・・・



画像


トロッコ客車にはたくさんの乗客で大賑わいです!



画像


我輩も乗りたいよ~!


画像


ちょっと移動して上りのトロッコを撮影しました。

凄いね!

こちらにも運転席があります。

う~む・・・アドベンチャー感覚に近い・・・



画像


今度は乗りたいですね!

緑のトンネルをくぐりたい・・・


画像


今度はキハを撮影します。

日本人の心に深くしみ込んだこのカラーは落ち着きますね・・・




画像



思うに、磐越西線に似ている・・・


小湊の撮影探検隊・・・


これからも続きます・・・



次回もお楽しみに。

小湊鉄道 野外観察フィールドノート 39ページ

行こうぜ!俺たちの小湊!その1



久しぶりの小湊鉄道撮影会です!
いすみ鉄道の撮影会を終えたばかりですが小湊の撮影会やりました!

楽しい!嬉しい!興奮!

新緑の世界で里山と山里の風景に心安らぎました・・・

生きてるって素晴らしい・・・

素敵な出会いの中で興奮の撮影会でした。

それでは始まり、始まり・・・


撮影は5月3日です。数回に分けてUPします。


画像


なんか聞こえるぞ~!

おおおおおおおおぉぉぉぉ・・・!!

やば!

来た~!


画像


晴れた~!

天気良いぞ!

朝もはよから進撃です!

雷神下踏切に間に合わず、車を止めたらやって来た!(大汗)


たまげた!


おもろい・・・



画像


里山田んぼとトロッコ!

素敵です・・・

旧トンネル前田んぼです・・・


水鏡やりてぇぇぇ・・・(汗)



画像



高滝駅を通過してきました!

桜の季節に来たかったです・・・


画像



さぁ~今日一日頑張るぞ!



次回もお楽しみに・・・


いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第758回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その7 最終回


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。

撮影は4月29日です。


画像


今回で最後です。

キハを追いかける前に、ボンネットバスを愛してきました。(笑)


画像


いいっす!

画像


キハ30とダブル ボンネットの狂喜!


画像


恐るべし・・・

楽しい~!


画像


また第七に来ちゃいました!

好きなのでしょうがありません!

良い色出てます!

最高!


画像


帰りは、裏第四でキハをGET!

美しい~!



画像


最後のキハです。

ありがとう!キハよ・・・


いつまでも・・・いつまでも・・・




次回もお楽しみに!



いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第757回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その6


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。

撮影は4月29日です。



画像


我輩が大好きな第七です。

いつもと変わらず迫力あります!

キハが通過する轟音がたまりません・・・

ここが鉄道民宿ならば最高なんですがね・・・



画像



東総元のばっちゃん畑です。

桜はもうさすがに咲いていませんが若葉が青々しています。


画像


ローカル線の姿がここにあります。


画像


今度は田んぼを見に行きました。

森宮の田んぼから。


画像


この時期が一番いいですね・・・

下沢田の田んぼから。

画像



しばらく休憩して、この日の最後の撮影キハを追いかけます。


峰岸の田んぼから始めました。


次回もお楽しみに・・・


いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第756回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その5


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。



撮影は4月29日です。



画像


第八の田んぼです。

田植えが終了して気持ちいいです。



画像


第八を渡り、総元駅に到着します。

橋の周りの竹藪をどうにかしてくださいよ・・・

きれいさっぱりとした風景を見てみたいもんです・・・(大汗)




画像


お寺の田んぼで撮影してみました。



画像


柿の木の若葉がきれいです・・・


画像


黒原の築堤でキハを待ちました。

広々として気持ちいいです・・・


画像



三又にやって来ました。
大多喜行きのバスがやって来ました。
ラッキーでした。

さてさて、第七を今度は撮影してみます。



次回もお楽しみに・・・


いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第755回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その4


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。




撮影は4月29日です。




画像


さて久しぶりにキハを追いかけます!

もちろん安全運転ですよ。

ご安心を・・・


田んぼを見つけてはトライしてみました。

13キロポスト付近です。


画像


猿山の第六夷隅川橋梁まで来ました!

新緑の渓谷です!

まぶしい・・・




画像


中野の大カーブまでやって来ました!

新緑の黄緑の世界です・・・

気持ちいいなぁぁぁ・・・


画像


気持ちよすぎる!

ふうぅぅぅ・・・


画像


う~ん・・・




画像


中野まで来ちゃいました!(大汗)

久々!


画像


字幕バスが最高ですね!

会えて良かった・・・


画像


キハよ・・・

元気だったかい・・・


画像


奇跡の駅 上総中野・・・



画像


おおおおおおおおぉぉぉぉ・・・!

小湊三連がやって来た~!

ラッキー!

びっくりした!


画像


今日は奇跡とラッキーがどんどこ我輩に飛び込んでくるわい!


次回もお楽しみに!



いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第754回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その3


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。


撮影は4月29日です。



画像


保線工事の見学撮影会から国吉駅に行ったら、何と!

ボンネットがいた~!

たまげた・・・

画像


久しぶりのボンネットバスです。

どちらのボンネットバスも以前乗った事があります。

社長のブログにも我輩が写ってるんですよ・・・(大汗)




画像


バスのお尻は丸くて温かい・・・(笑)


画像


おっと!

単コロがやって来た~!

いいね・・・


画像


単コロも板についてきた・・・





画像


急行を迎え撃ちます!

水鏡を予定していましたが、風が強くて無理でした・・・(涙)

しかたなく、陣場峠で久しぶりに撮影してみました。

若葉の世界をキハが駆け下りて来ました!


いやっほ~!


画像


ケツ打ち・・・

新田野の水鏡は無理でした・・・

キハもいつまで走りますかね・・・

後一年・・・

二年・・・


どうでしょうか・・・


記録の旅はいつかは終焉が来ます・・・




画像



さぁ~!

キハを追いかけてみます!


久しぶりです・・・


おっと!

都バスの忘れ形見、シャトルバスが来ました!


見れて嬉しかったです!

これも奇跡ですね。



次回もお楽しみに・・・


いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第753回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その2


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。



撮影は4月29日です。


画像


一発目の撮影ポイント、初音橋梁に向かう途中で保線工事しているのを発見!

中々見る事が無いいすみ鉄道を守る保線作業風景に切り替えて、久しぶりに撮影してみました。

貴重な風景に出会えて幸運でした。


朝キハがやって来ました。
 


画像


行川踏切近辺での枕木交換工事です。

休日工事なので、長い連休に対しての工事なのでしょう・・・

ご苦労様です。

男たちの世界です!




画像


キハは大原に向けて走り去りました・・・

また後でなぁぁぁ・・・



画像



枕木交換は見た目以上に大変な工事なのです。

枕木には交換する枕木に印を付けます。

大体、✖で、白いペンキで記入します。
これは雨で流れ無い為です。

交換する枕木の周りのバラストをビーターで突き地盤を緩めます。

ビーターはつるはしみたいな物です。



画像


枕木の周りのバラストをスコップで掘り起こします。

剣スコで突きさき、ペアがロープで引き、かき出します。

角スコでさらに綺麗にかき出します。

簡単そうで難しいです。



画像


踏切に新品枕木を積んだトラックを停車させ、低床トロのレールにセットして枕木を積む準備をします。


画像


ユニックで枕木を玉掛け釣り上げ作業して、低床トロに乗せます。

小さなトロッコですが、意外にも力持ちで何でも運べる万能貨車です。(汗)





画像


トロには手動ブレーキレバーもセットされていて、勾配区間で威力を発揮します。

枕木はかなり重い、4・5板の枕木で1.4M

防腐処理したコールタールの重油で物凄く臭いです・・・(汗)






画像


枕木交換は一度に出来ません。

少しずつ・・・少しずつ、こまめに交換するしかないのです。

いすみ鉄道はトンネルが無いのでいいのですが、トンネル内の枕木交換はかなり大変な作業でもあるのです。

しかしながら、いすみ鉄道は鉄橋王国なので、橋梁枕木交換はベテランでないと出来ない代物なのです。

真下に犬釘を落とすわけにいきませんからね・・・(大汗)


保線は重労働で過酷な世界ですが、鉄道ではなくてはならない一番の仕事でもあるのです。


画像



枕木交換作業始まりました。

チームで交代しながら作業します。


掘り起こす前に、レールの犬釘を抜きます。
ビーターでバラストをゆるめ、スコップでかき出します。
今度は、前後の枕木に豆ジャッキをセットして、レールを少し持ち上げます。
枕木は、氷屋ハッカで挟み抜き取ります。
新品枕木を差し込みセットして、豆ジャッキを降ろします。
犬釘を打つ位置に穴を開けます。
犬釘を打つのは難しいです・・・

危険な作業でもあります。

バラストは食い込みをよくする為に、タイタンパーで慣らします。
付き固め仕上げです。




今回の撮影会で出会った、保線枕木交換作業の一部始終を見学させていただきました。
ありがとうございました。

いすみ鉄道よ頑張れ~!

保線区の皆さまご苦労様です。




次回もお楽しみに・・・





いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第752回

新緑の世界と奇跡の撮影会 その1


連休初日の本日、学生時代の友といすみ鉄道に出かけました。
久しぶりの撮影会で嬉しかったです。

通い慣れていた撮影ポイント・・・
一つ一つ思いを込めて撮影してきました。
お楽しみ下さい。


画像



大多喜駅に8時・・・

来た~!



画像


久しぶりのいすみ鉄道撮影会!

楽しんできましたよ!





画像


125号機ですたい!

いい!



画像



本日キハレストランの日ですか?

サボがいいですね・・・




画像


この色合いがいいですね・・・


画像


隙間からGET!

本日はやるよ!




画像


南廓で撮影が始まりました!

いきなりキハ単コロがやって来ました!

幸先いいいぞ!

画像


大多喜駅揃い踏みです。



画像


35単コロ発進!

画像


キハの入線です!

画像


奇跡の風景がここにある・・・


画像


さてさて、そろそろ移動するか・・・



画像


また来ますね。



画像


ミィよ・・・

またな・・・


画像


さて一発目はどこから行くかな・・・

撮影計画はありません!

気の向くままです・・・





画像



楽しむぞ~!



次回もお楽しみに!





おまけ


画像



大多喜に向かう途中で、茂原の青バスを見かけたので撮影してみます。

茂原の青バスは小湊に移管されたそうです。

塗装はこのままで走ってますが、どうでしょうか・・・

小湊カラーになるのかな?




画像



追いかけて青バスです。

大多喜町に着いたところで、向こうから小湊バスが先に大多喜に向かいます。


面白い構図でした。


浦安コンボイの模型たち…第156回

第十九弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 疾風 その3

俺たちのタミヤ


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


本日は、いすみ鉄道と小湊鉄道に遊びに行く予定でしたが、体調が悪く家でゆっくりいつもの模型製作となりました。

桜とキハ撮影しに行きたいよ~!(涙)


さて、今回もタミヤの疾風です。

大分進みました・・・


P-61ブラックウィードーはしばらくお休みにします。(大汗)




画像


さて今回は主脚の接着です。
この段階で付けることになります。(汗)

なんだかなぁぁ・・・(笑)



画像



おまけのスタンドを出してみました。

この疾風はこのスタンド仕様にしてみたいと思います。
懐かしいです・・・このスタンド・・・



画像


こんなんなりますけど・・よろしいなぁぁぁ・・・ふふふ・・・

おもろい・・・


画像


主翼と胴体を合体!

ここまできましたよ!


画像


プロペラはいつもの、さや管方式に改めました。

しかしこのプロペラとスピンナーは紫電改か雷電みたいです!

全然疾風ではありませんね・・・(大汗)

おもろいのでこのままでいきます!


しかし全然覚えていませんでした。


画像


カウリングにセットしました。

う~んどうでしょうかね・・・

紫電改みたいな疾風です・・・(笑)



画像


排気管はやっぱり直したく、真鍮パイプに作り直しました。



さて次回は小松崎先生風陸軍迷彩塗装にチャレンジしたいと思います。

どうなる事やら・・・

たぶん筆塗り作戦と大昔の塗装方法で遊んでみたいと思います。




お楽しみに・・・



浦安コンボイの模型たち…第155回

第十九弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 疾風 その2

俺たちのタミヤ


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


さて、始めます。

部品を確認しながら、少しずつ精度を上げていきます。

一回目の仮組開始です!

胴体は大昔ですね・・・

操縦席はありません!

ピンだけです・・・貴重です(笑)


このまま行きます・・・いいんです・・・


画像


忘れていました!

安心してください。

タミヤもフラップが作動します!(笑)



画像


キヤノピーとカウリングの具合を見ます。


画像


おまけの増槽タンクです。

今回は取り付けるつもりです。




画像


水平尾翼は貼り合わせ方式でした。


画像


取り付け部はやや甘いです・・・

調整が必要です。

仮組で分かりますね・・・

大事です。


画像


この模型の最大なる欠点は主脚です。

もう少しどうにかならなかったのかなと思いますね・・・

ここまでやるなら、引き込み式にしても面白かったのではないかと思います。

設計が古いかな・・・

100円と言えども、設計志向を伝えて欲しかったところですね・・・

残念です・・・


まぁ・・・しかし雰囲気はいいです。

少し手直しして、このまま進めます。

画像


バリ取りや合わせ目を手直して、一度目の銀塗装します。



画像


もう一度仮組して、キズや凹みを処理修正していきます。

中々100円疾風にしては精悍な風ぼうです。


う~ん・・・

子供の頃を思い出しますね・・・

近所の仲間や下の連中と一緒に、このプラモ作りましたね・・・

懐かしいな・・・

みんな元気かな・・・

何やってるかな・・・


疾風、鍾馗、雷電、ゼロ戦32型、震電・・・

みんなでワイワイガヤガヤしながら作りました。






画像



もう一度部品精度を上げて、塗装準備に入ります。


楽しみだな・・・



次回もお楽しみに・・・



浦安コンボイの模型たち…第154回

第十九弾 タミヤ1/72 日本陸軍戦闘機 疾風 その1

俺たちのタミヤ


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・

画像


さてさて、いきなり懐かしいです!

タミヤの1/72 疾風です!

えっ!知らない?

そうでしょうね・・・
これを知ってる人は40代後半・・・50代の模型人ならばお世話になったはず!(汗)

我輩も小学校の頃ドカドカ作った模型の一つです。

タミヤの飛行機は当時1/72は5種類しか発売していなかったんです!(大汗)

子供の頃何でタミヤは飛行機出さないんだろうと、いつも思ってましたね・・・

あんだけ戦車や車、船なんか出していたのに飛行機は少なかった。

発売順は忘れましたが。

① ゼロ戦32型

この32型がタミヤしかなかったんですよ!買いましたね・・・
懐かしい・・・

② 日本陸軍戦闘機 鍾馗 !

最高でしたね・・・
赤い47戦隊!

しびれたね・・・
思い出せば10機位作ったかな・・・(笑)

③ 日本海軍局地戦闘機 雷電 !

あの稲妻ボディーがしびれた・・・マジで・・・
日本にもすげぇぇ戦闘機あったんだな・・・と思いましたね・・・
ニチモの雷電とタミヤの雷電作って飾ったなぁぁ・・・

④ 今回の疾風

この小松崎先生の迷彩にしびれましたね!
全て先生の画の箱でした!

レベルの疾風と飾ったなぁぁぁ・・・あああああぁぁ青春・・・

⑤ あの震電!

売ってないんだよ!
みんなが買うから!(笑)
しばらくすると皆も飽きて、普通に買えましたけど(笑)

おもろかったな・・・
子供の頃のプラモデルの世界は・・・



画像

おおおおおおおおぉぉぉぉ!

サイドに他のプラモの画が!

しびれるね!


画像


こんな感じですね・・・

模型屋にはいつも10個位置いてありましたね・・・

なんつったって、100円ですからね・・・(汗)

良い時代でしたね・・・(涙・・・)




画像


箱を開けました!

ワクワクするなぁぁぁ・・・!

小学校の頃に戻りますね・・・



画像


スタンドとデカール久々!

これだ~!


画像


来た~!

画像


これだけです!

これでいいんです!

これが好きなんです!


しびれるね!

画像


エンジンがしびれる!

パイロットが!
こわいですね・・・こわいですね・・・(笑)

カウリングが泣けるね・・・


泣ける・・・


今更、これをとことんいじくり回してもしょうもないんで!
意味ないよね!

懐かしみ作成です!
ストレート一本勝負です!


いいですわ・・・





画像



設計図です!

四種類から選べて作れます!

凄いね!この当時からタミヤは!


アオシマやエルエスは日の丸のシールしか入って無いもん!(笑)

いや~しびれまくってます!




画像




画像




画像




画像




画像




画像


ちょっと仮組します。

う~ん・・・

思い出すな・・・

どうするかなぁぁぁぁ・・・(謎)


画像


うわぁぁぁぁぁぁ・・・

すげ~なぁぁぁ・・・



画像



凄すぎる!

いい!(笑)

やらかすかなぁぁぁ・・・(大謎)(笑)


たまにはノスタルジックもいいもんですよ!





次回もお楽しみに・・・

浦安コンボイの模型たち…第153回

第十四・十五弾 フジミ 1/72 瑞雲 VS エアフィックス 1/72 P-61 その7

古仁屋からの帰投・・・


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


今日も天気が悪いですね・・・

毎週、休みが天気が悪くてどこも行けません・・・

寒いですね・・・

公園の桜もまだ三分咲きです。


本日は、瑞雲を完成させました!

やったよ~!コンボイの店長!

完成しました・・・(涙)







画像


最後です。

デカールから始めます。

しかし日本機の水上機はデカール地獄に落ちます・・・



画像


今回は、キットのデカールに挑戦です!

いつもなら塗装ですが。

たまにはいいかなぁぁ・・・

と思いきや!

これが、デカール地獄の始まりでした・・・(大汗)


フロートから始めます。

プロペラ警戒線の赤線を貼ります。

切り込みを入れながら真っすぐ貼るのが面倒です・・・




画像



次が日本機独特の、移動用ドーリー乗せ位置確認線貼です。

これが面倒です・・・


画像


日の丸も入れます。

塗装も考えましたが、どうでしょうか・・・


いきなり、日本機になりますね!

嬉しいひと時です。


画像


フロートの水中舵がまた取れて破損したので、写真見ながら作り替えました。(汗)


画像


ようやくフロートを取り付けます。

取り付け支柱が細いので、フロートに金属線を入れました。

斜めの支柱も取り付けます。

画像


プロペラ警戒線を入れて、キャノピーも取り付け。

尾翼の部隊マーキングも入れました。

思案しまして、634空の第1号機 01号機にしました。

いや~ぐっときますね!


画像


ストレート組ですが。

いい模型です。

程よい工作や修正が心地いいです・・・



画像


最後はアンテナ柱は金属に置き換えます。

いつもながら、0.5ミリ銅板細切りで切り出します。



画像


クリアとフラットベース調合のTOPコートを吹いて表面を整えます。

尾翼の編流側線がシルバーリングしました・・・(涙)

やっぱここは塗装ですね・・・

ちゃん・ちゃん・・・


画像


アンテナ線を張り完成します!


画像


ドーリーも塗装しました!


出来たぞ~!

やった!

長かった・・・



画像


昭和19年・・・

愛知航空から空輸された第一号機です!

新品です!



画像


おまけの60Kg爆弾を搭載しました!



画像



やっぱ日本の水上機はかっこいいな・・・


しびれる・・・




画像


全て筆塗りです。

やっぱ1/72は筆塗りの腕を磨くのに最適ですね!

迷彩も筆塗りですが全然違和感無くそんなに難しくないです。




画像


この飛行機が日本海軍最後の正式採用の水上機になります。

これで沖縄の空で戦ったんです・・・



画像


エンジンを始動してみました。

一発でエンジン掛かりました。

いいエンジンです。


今回の作成での事故報告です。


① フロートの水中舵が破損、作り直しました。

② 編流測定の白線がシルバーリング!

③ フロート支柱の搭乗員乗降棒を二本にしなかった。


これだけです、これを出したフジミ模型は偉い!
出来れば、1/48で今度出していただきたいです。


フジミはこの時、勢いで紫雲も出してもらいたかったね!
模型ファン皆の願いでした・・・(涙)






画像



今回、作成で資料として活躍した、瑞雲飛翔と言う本です。

14年前に著者の梶山 治氏に直接購入した物です。

氏は千葉県の方で、634空瑞雲の操縦搭乗員です。



瑞雲の本はこれしかないと思います。
貴重な本です・・・

634空の誕生から訓練、搭乗員名、全戦場の戦い模様。
基地の地図、戦闘報・・・
全てが書かれている凄い本です。

この本を私費で出版された梶山氏にこの場をお借りして感謝と御礼を申し上げます。



次回は、P-61 ブラックウィードーの予定ですが、キャノピーが具合悪く困ってます。
木型でヒートプレスするか思案中です。
どんなもんでしょうか(汗)

なので、P-61はお休みして、次に進みたいと思います。



次も日本機にしょうかと思います。
そうだ!N-3PBもありますので、同時進行かな・・・(汗)(笑)


次回もお楽しみに・・・

浦安コンボイの模型たち…第152回

第十四・十五弾 フジミ 1/72 瑞雲 VS エアフィックス 1/72 P-61 その6

古仁屋からの帰投・・・


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


天気が悪いね・・・
寒いし・・・

こんな日は、模型ですね。(笑)

フロートの塗装に入ります、薄く塗りながら様子を見ます。
筆塗りの基本中の基本の薄塗り戦法!

いきなりドバドバ塗り手繰っても駄目です、3回位分けて塗ります。




画像


筆塗りでもゆっくり丁寧に仕上げれば綺麗に仕上がります。



画像


次は、味方識別帯です。

この色は調合して作り置きしておきます。

塗る所を、シンナー綿棒で先の塗料を拭い去り、マスキングして準備します。
綿棒で押しつけ戦法で大丈夫です。


画像


これも薄塗り戦法で3回でフニッシュです。
全然大丈夫です。
怖くないですよ・・・(笑)

黄色い色は塗るのが難しいので、薄塗り作戦が一番です。


しかし日本機作るの久しぶりです・・・(汗)



画像


リアルになってきましたね・・・

画像


フロートを仮取り付けして全体をチェックします。

日本軍の濃緑色は、ビンからいきなり塗ってはいけません!

フラットホワイトで薄くして、原色と交互に塗ります。
そうしないと、おもちゃみたいな飛行機になってしまうんです・・・(大汗)

これは説明するのが難しいのですが、この方法が一番だと私は思います。



画像


次はキャノピーです。

最初にフラットブラックで枠をさらさらと塗ります。
少しぐらいはみ出ても大丈夫です。
大雑把に塗っていきます。


画像


次がシルバーで枠の輪郭を塗ります。
一本一本枠を時間かけて塗ります。

筆塗りですので経験値が上がります。



画像


最後は濃緑色で塗ります。
はみ出た黒を少し残し気味で塗るのがポイントです。

輪郭を出すのに、この方法が一番です。
エアーブラシだとこうはいきません。

最後にエナメルの黒で溝を塗りさらに輪郭を出していきます。



画像


機体に乗せて様子を見ます。

はみ出た塗料はシンナー爪楊枝で簡単にぬぐえますのでご安心を・・・

チャレンジ!




画像


1回目のスミ入れを行います。

フラット系の塗装なので、エナメルを薄めて素早く塗り、綿棒で乾かないうちにはみ出たエナメルを拭い取ります。



画像


基本塗装が終わりました。



画像


これは個人差ですが、汚すか、新品機にするか迷うところです。(大汗)

今回はあまり汚さないで完成する事にします。


次回で完成するかな?





浦安コンボイの模型たち…第151回

第十四・十五弾 フジミ 1/72 瑞雲 VS エアフィックス 1/72 P-61 その5

古仁屋からの帰投・・・


千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!

惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


久しぶりに瑞雲です!
戻ってきました・・・(笑)(汗)

コクピット塗装から始めます。


画像


ドーリーの塗装をします。




画像



第125海軍航空工廠 第一格納庫奥に、何と!

16年前に調合した愛知航空機用の塗料が見つかったのである!

こわっ!


たまげたなぁぁ・・・


奇跡ですね・・・



画像


晴嵐や三座水偵の時の下面色です!

2ビン作って、その内の2本目が残っていたのである。

愛知航空機用の塗料・・・

懐かしいなぁぁぁ・・・


格納庫のはいろんなもんがあっておもろい・・・(汗)

なんだかなぁぁ・・・むはは・・・



画像


胴体を接着しましたが、合わせ目が以外にも駄目でした!


画像


現代の模型ですが・・・残念ですね・・・

フジミよ頑張れ!


もう少し気合い入れて欲しかったね・・・

仕方ないので瞬間接着剤で埋めて表面処理します・・・



画像


主翼も接着します!

う~ん上反角とフィレットが・・・(汗)



画像


瑞雲の大型フィレットの隙間が物凄いね!

それと段差が!こわっ!

プラ板挟み込み一本勝負やらかしましたわい!

意外と手ごわくトラップがあるなぁぁ・・・この瑞雲は・・・




画像


一回目の下面色を塗ります。

塗料は生きていました・・・(涙)


しっかりと保管すれば、模型も塗料も生きてるもんですね・・・

格納庫には、何と!レベルカラーもありましたぜ!

たまげた・・・(笑)

ためしてみようかな・・・


画像


フロートも筆塗りで一回目の塗装です。

筆塗りも大分腕が戻ってきましたね・・・


画像


ここでちょっと塗装確認仮組します。



画像


やっと上面色の塗装に入ります。

パネルごとに、薄い緑色で当たりを付けていきます。

いきなり日本海軍の濃緑色を塗り手繰るのはデンジャラスです!

ここが一番大事な所なんです。




画像


パネル一枚、一枚塗る事で、リアルに仕上がっていきます・・・

まるで工場感覚です!


おもろい・・・

楽しみましょう。


画像


下面色は均一に仕上げて、後で陰影と金属違いを表現します。

2回目の塗装が終わりました。


画像


塗装第一工場にやって来ました。(笑)

好きなだけ、納得出来るまで楽しめますね・・・




しかし考えてみると、瑞雲の場合は愛知から新品で呉に空輸されて、終戦までの期間は短いのでそんなに塗料が剥離や色飛びはほとんどないと思われる・・・

イメージ的にはボロボロのイメージだが実際は違うのだ。


新品のピッカピカ状態での戦いだったと思います。

ですので、そんなに汚しもウェザーリングも意味が無いのではないかと推測します・・・

どんなもんでしょうか・・・







画像


フロートの迷彩塗装準備に入ります。

やっぱ、一日で終わらんかった!

ちゃん・ちゃん・・・(笑)



次回もお楽しみに・・・




浦安コンボイの模型たち…第150回

第十八弾 MPM 1/72 ノースロップN-3PB その4


第330航空隊
ノルウェーの意地!



千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!
惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・
ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


ここまでたどり着きました。

さて、プロペラを付けたい!



画像


いつもながら簡易さや管方式です。

これで思いっきりプロペラ回します!


画像


プロペラにも金属線を差し込み、芯出しをして具合を見ます。


画像


装着しました。

どうですかね・・・(汗)



画像



やっとここからがスタートになります。

タミヤやハセガワと違って、ここからが簡易のスタートなんです。(大汗)

しかし、模型の楽しさを味わう事が出来るのが簡易なのです・・・



次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第149回

第十八弾 MPM 1/72 ノースロップN-3PB その3


第330航空隊
ノルウェーの意地!



千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!
惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・
ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・


画像


今回は、ヒートプレスキャノピーを切り出します。

モーターツールの出番です。

のこぎりで5mm残して切り出して、最後はぎりぎりまで切り込み、ペーパーで仕上げます。



画像


切り出す時、必ずマジックの黒で下側の切り出し部分を塗り、見やすくします。

大雑把に余分な余白を切り出して、更に少しずつ切り出していきます。


画像


塩ビ板なので柔らかいです。

ですので、胴体に合わせながら、少しずつ耐水ペーパーヤスリで仕上げていきます。

根気です!

焦ってはいけません!

ゆっくり仕上げていきましょう!



画像


ほとんどピッタンコです!

マスキングテープで傷つき防止します。


画像


大分出来てきましたよ!

カウリング、排気管、エアインテーク、吸気口、機銃・・・

まだまだこれからが勝負です。

楽しみます。

少しずつです。


画像


フロートの接着準備をします。

フロート支柱接着面をプラ板でふさぎ、金属線を埋め込みガードします。



画像


胴体側も寸法を測り、埋め込み穴を開けます。

ちなみに、0.5ミリのエナメル線で固定します。

銅なので柔らかく、少しの融通が利くからです・・・(笑)



画像


ずん!



画像


ずん!ずん!と・・・

ピッタンコです!


いやっほ~!




画像


じゃ~ん!


いきなり水上機ですたい!




画像


しかし、複葉機じゃないから、かんたんばい!

複葉機がどんだけ大変なのか自分自身で感じますね・・・(笑)





画像



しかし・・・

なんかこう・・・


瑞雲みたいですね・・・(笑)(汗)

ドイツのアラドにも似てるし・・・


水上機も皆似てくるんですね・・・皆同じような設計志向なのが分かりますね・・・

運用方法がまるで違いますが・・・(汗)




次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第148回

第十八弾 MPM 1/72 ノースロップN-3PB その2


第330航空隊
ノルウェーの意地!



千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!
惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・
ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


始まりました。

仮組開始です。

長い旅になるか・・・




画像


フロートも仮組しました。

意外と綺麗な簡易です・・・(汗)

丁寧が一番!最後まで丁寧に仕上げていかなければ簡易は完成しません。


画像


カウリングの調整と、フロート支柱を仮組します。

バランスが命です・・・


画像


フロートは先に接着して合わせ目を処理します。

水中舵をどうするかですね・・・


画像


主翼も貼り合わせました。

ピッタンコです!

恐るべきN-3PBです。


画像


フロートの支柱を取り付けました。

画像


胴体下部はペッタンコなんですね!

知らなかった・・・

ここに爆雷装置をどうするかが問題であるが・・・

フロートの取り付けをどうするかももんだいである・・・




次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第147回

第十八弾 MPM 1/72 ノースロップN-3PB


第330航空隊
ノルウェーの意地!



千葉県は浦安市に知る人ぞ知る偉大なる模型店が以前存在していた。
その名はコンボイ!
惜しまれつつ閉店してもう何年経つのだろうか・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・
ほとんどの模型をコンボイで購入していた我輩は、今ここにストックしていたコンボイの模型たちを作成する。
ゆっくりですが一つ一つ思いを込めて作りたい。
老眼との戦いで20代の力はほとんど無いが、ノスタルジックに浸りたい・・・

コンボイの店長に時を超えて今想いを伝えたい、ありがとうを・・・



画像


瑞雲の予定ですが、塗料が無いんです・・・(涙)

俺とした事が・・・(汗)


またまた次の航空機に進みます。


我、第125海軍航空工廠 第3格納庫を物色中発見しました!

ノースロップのN-3PBです!

渋い・・・

この航空機を知ってる人は、かなりのマニアですね・・・

知る人ぞ知る北欧の水上機です。



ノルウェーが発注していたこの水上機ですが、ドイツ軍に責められて降伏・・・

仕上がったN-3PBは渡す事が出来ず、イギリス軍が肩代わりで引き取り、何と!亡命して来たノルウェー軍の将

兵にこのN-3PBを与えたのであった!

第330航空隊

我輩はこのノルウェーの意地らしい戦いが好きで、たった24機の北海での戦いを再現したく
この模型を購入するのであった。


しかしその思いはいつか忘れ、年月は過ぎてやっとこの日が来た。



MPM簡易インジェクション キット・・・

また簡易か!(大汗)

しかしこの機種は他に無いのだ。

何時頃購入したのか・・・

恐らく20年以上前なのか・・・(汗)

MPM・・・

久しぶりです。

大昔に随分購入して作りました。

あの頃、簡易模型が流行ってましたね・・・


タミヤやハセガワが出さない模型を次々と世に送り出し狂喜したのを覚えている。

作成は難しいが、腕を磨きましたね・・・


久しぶりのMPM作りたいと思います。



画像


簡易ですね・・・(笑)





画像



簡易ですが、まだましな方です!

丁寧に仕上げていけば、しっかりとした完成を望めます。

しかし、かなりの覚悟が要ります。

経験値が全てですね・・・

一度でも作成経験があれば大丈夫です。






画像


キャノピーは簡易ヒートプレスです。(汗)

これもゆっくり仕上げれば問題ないです。

経験値ですね・・・


画像



切り出しました!

スタートです。

どんなトラップや問題があるのか分かりませんが進んでいきます。



しかし簡易はオマケが全然ありませんね・・・

寂しい限りです。

移動用ドーリー、爆弾、爆雷、パイロット・・・

まったくありません!


機体のみです・・・


今回は、面白塗装をやってみます。


塗料も買いに行くので、瑞雲も仕上げに入ります。
交互作成になるかな・・・(汗)




次回もお楽しみに・・・


浦安コンボイの模型たち…第146回

第十七弾 アビエーション ウースク(AV-USK) 1/72 メリジオナリRO-43 その8


イタリアの観測機見参!


2016年度始まりました!
今年も模型を楽しんでいきたいと思います。

昔、浦安にあった偉大なる模型店 その名はコンボイ・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

さぁ~!作ろう!
俺たちのプラモデル!


画像





本日、RO-43完成しました!

やったよ~!コンボイの店長!やったよ・・・


時間かけて作ればいつかは完成するんですね。




画像


さて、最後の工作は後部座席の旋回機銃です。

スクラッチ!(汗)

しかもガードも針金で作りました。

リアルになりました。

それと水中舵と発電機の小さなプロペラです。

支柱の間の張り線を忘れていたので後付けで張りました。


画像


ようやくデカールです!

ここで大ミスやらかしました・・・(大汗)


イタリアの国籍マークは斧なのですが、向き間違えてしまった!

大急ぎではがして、付け直しました・・・


びっくりした・・・

気が付いてよかったですよ・・・

たまげた!



画像


イタリアの飛行機は初めて作ります。

しかも水上機が一発目ですから・・・


今度シュナイダーカップの水上機作りたいな・・・



画像


最後はアンテナ線の張り線です。

リング方式にして張ります。

やや面倒です・・・


しかしリアルになります。




画像


完成しました!

嬉しいな・・・

無事に完成した・・・

移動用ドーリーは二式水戦から借りてきました。(笑)




かなりしんどかったけど面白かった。


画像


エンジン掛けてみます。

一発です!

このエンジンいいエンジンですよ!



フォルゴーレじゃね~か!

カーチスなんて へでもね~わぁぁぁ・・・





画像


小さな模型ですが、意義がありますね。

アドリア海へ飛びたい・・・


画像


艦船搭載機ですが、所属は入れませんでした。



画像


オシャレなイタリアン水上機です。

画像


また作る機会がもしあったら、もう一度作りたいと思いました。

今度は赤い機体にしたいです・・・(笑)




画像



ここで友情出演です!(笑)

アメリカ軍のグラマンJ2F ダックとソビエトのベリエフ KOR-1が完成記念に駆けつけてくれました!(笑)

水上機は楽しい~!



今回の事故報告です。

① コクピットの塗装が今一つでした。

② 支柱の太さが均一に出来なかった。

③ デカールがひび割れて、貼間違えもした!

④ メインフロートの黒塗装が一部はがれた・・・

⑤ 排気管の固定金具を付けられなかった。

⑥ 計器盤間違えて張り付けた。


以上です。

かなり楽しめました。

もっと早く完成しとくべきでした。



さて、遅れてる瑞雲ですが全体塗装前ですが、まだ塗料を買いに行ってません。(汗)
模型屋に中々行けないんですよ・・・

P-61は胴体側コクピット作成中です。

イギリス軍のレスキュウーランチのボートも部品調達がまだです・・・悩みです・・・
大分遅れています・・・
困ってます・・・

BMW R75 バイクはフロントホーク仮組中で休み中です。

何か思案中です。

お楽しみに・・・ふふふ・・・





画像





イタリアの水上機を完成させて思い出すのが、ジブリの紅の豚です。

それも最後のエンディングの加藤登紀子さんが歌う、時には昔の話を、と言う歌を思い出します。

この歌は大好きです。



そして歌が歌い終ると、どこからかエンジンの音が・・・

ああぁぁ・・・ポルコの水上機が左旋回で消えてゆく・・・

ピアノの音が消えると共に消えてゆくポルコの飛行機雲・・・

泣ける・・・


なぜか無性に泣けるんです・・・


切ないのではないのですが、歌の歌詞が重複して・・・






時には昔の話を  By 加藤登紀子さん



歌詞 三番


一枚残った 写真をごらんよ・・・

 ひげづらの 男は君だね・・・

どこに いるのか 今ではわからない・・・

 友達もいく人か いるけど・・・

あの日のすべてが 空しいものだと・・・

 それは 誰にも言えない・・・



   今でも 同じように見果てぬ夢を描いて・・・

   走りつづけているよね・・・

   
   どこかで・・・




画像





buru buru buru buru ・・・


お わ り









浦安コンボイの模型たち…第145回

第十七弾 アビエーション ウースク(AV-USK) 1/72 メリジオナリRO-43 その7


イタリアの観測機見参!


2016年度始まりました!
今年も模型を楽しんでいきたいと思います。

昔、浦安にあった偉大なる模型店 その名はコンボイ・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

さぁ~!作ろう!
俺たちのプラモデル!



画像


画像



画像


天気悪いですね・・・

こんな日は模型です。(笑)

さてさてと・・・今回は機体塗装に入ります。

まずは尾翼のトリコローレ!

いやっほ~!


マスキングしてイタリアの三色国旗を塗装します。


しかしこの模型はRO-43の後期型なんですよね・・・(汗)

垂直尾翼がでかいやつです!

まっ、いいかっ!


楽しむ事にします。



画像


筆塗りですよ。

この緑色がなんともイタリアですね・・・




画像


悩んだ末、戦艦搭載機にする事にしました。

戦前のイタリアの艦船搭載 水上観測機仕様です。

派手です!

なんともはや・・・派手!


イタリアンですね・・・


レッドストライプ機です。





画像


マスキングが大変ですが、心地いいです・・・

少しスケールが違いますが雰囲気でやっつけていきます!





画像


じゃ~ん!

かなり簡易的ですがこんなもんです。


今回はエアーブラシで塗装したいと思います。

筆塗りも考えましたが、たまには使わないと、こちらも腕が鈍りますので・・・(汗)





画像


薄く、三回塗りです。

周りのティッシュを取り除いていきます。

少し焦ります。


画像


ピロロン・・・!


ピロロン・・・!ピロピロロ~ン・・・♪


緊張しながらはがしを楽しみます。




画像


ピロロン!ピロロン!

完璧ですたい!

久々にエアー吹きましたわい!



画像


いいです!

ここまできましたね!



画像


尾翼の張り線を取り付けました。



画像


本日はここまでです。

完成までいきませんでした。



画像


次回は、デカールを貼り、後部機銃ですね・・・

これがかなり面倒です。

どうしたもんか・・・


係留索、水中舵、発電機プロペラ、の取り付け。

アンテナ線の張り線・・・(汗)

TOPコート


もう少しで完成です。



次回もお楽しみに・・・






浦安コンボイの模型たち…第144回

第十七弾 アビエーション ウースク(AV-USK) 1/72 メリジオナリRO-43 その6


イタリアの観測機見参!


2016年度始まりました!
今年も模型を楽しんでいきたいと思います。

昔、浦安にあった偉大なる模型店 その名はコンボイ・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

さぁ~!作ろう!
俺たちのプラモデル!


画像


RO-43仕上げていきます!

ここでもう一度銀塗装します。

キャノピーを取り付けて、フロートの張り線を行います。

エンジン、カウリング、排気管も塗装して取り付けます。


画像


フロートの下面を黒で塗ります。

イタリアの水上機は黒なんですね・・・(汗)

知らなかった!


画像


一回目のスミ入れをします。
銀塗装のスミ入れが一番楽しいですね!




画像


今回はあまり汚さないで完成させたいと思います。

画像


フロートのマスキングをはがします。

今回も全て筆塗り塗装です。

画像


しかし水上機の複葉機ですから作るのは大変な騒ぎです。(汗)

でも完成すると大満足が待ってるんですよね・・・



画像


綺麗に塗装できました。

張り線の準備をします。



画像


かなり時間かかりましたが、張り線が終了しました。(大汗)

大分慣れてきましたね・・・(笑)

三機目ですから・・・

2回目のスミ入れして、タッチペイント・・・

方向舵の操作線や翼端灯など作成。

 

後は、尾翼の張り線で終了です。


画像


次回の工作は主翼と尾翼の塗装。

尾翼の張り線。

係留索、後部機銃、アンテナ線張り、翼端灯など小物や全体塗装で完成となります。



次回で完成するかな??(笑)

頑張ります!



瑞雲作りたいよぉぉぉ・・・(汗)




浦安コンボイの模型たち…第143回

第十七弾 アビエーション ウースク(AV-USK) 1/72 メリジオナリRO-43 その5



イタリアの観測機見参!


2016年度始まりました!
今年も模型を楽しんでいきたいと思います。

昔、浦安にあった偉大なる模型店 その名はコンボイ・・・
店長の顔を思い出すたびに涙が流れる・・・

さぁ~!作ろう!
俺たちのプラモデル!


画像


久しぶりの模型です!

RO-43再開!



瑞雲とP-61は少しお休みです。(汗)






画像


さてさて、水上機が続きます・・・
好きなのでしょうがありません。

今回は、翼端補助フロートです。

真鍮管で支柱を作成します。



画像


小さいです・・・

画像


こんな感じです。


画像


早速取り付けてみました。

画像


よいしょっと!(笑)

画像


ずんずんと・・・

画像


どうでしょうか・・・

ここまで来ました。


画像


次はコックピットです。

そして全体塗装の準備です。

どうするかまだ悩んでます・・・

キット指定にするか、戦艦搭載モデルにするか・・・


う~ん悩む・・・


画像


排気管を作成します。


画像


カウリングなどエンジン回りを仕上げていきます。


画像


仮組して全体を見ます。


画像


余りいじくると完成しなくなりますので、程々にですね・・・(汗)

マジで気合い入れすぎると、何時まで経っても出来ません・・・



画像



まだまだこれからです。
でも少しずつ出来上がってきました!



次回もお楽しみに・・・

いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第751回

2016 いすみ鉄道撮影復活祭! その7 最終回


半年振りです・・・
ようやく今年のいすみ鉄道応援撮影会が出来ました!

長かった・・・

いすみ鉄道社長、大変お待たせしました。
いよいよ千葉ンプの、復活いすみ応援ディスカバージャパン!
小湊同様後ろからサポートしていきます。



いすみ・大多喜は空気が違うますねぇ・・・

川のせせらぎを聞いていると、心が安らぐ・・・

原っぱの落ち葉のじゅうたんの上でお昼寝・・・

鳥の声がこんなにも大きく聞こえるものなのか・・・

カワセミが飛んでいました。

野生動物と出会える確率が大きい、いすみ界隈・・・


今日一日、素敵な空間の中を過ごす事が出来ました。
ありがとうございます、いすみ鉄道よ・・・



画像



山田川橋梁近くで菜の花が咲いていましたのでここで撮影しました。

やはり黄色い花はいいですね!

千葉県の色です。

縁起がいい!



この近くには、山田川橋梁と日華橋梁の二つの橋梁がありますが、撮影はかなり難しいポジションです。

少し研究が要ります。

俯瞰出来ればいいんですが・・・

難しいです。

今後の課題です。

画像



西大原で桜開花しました!

びっくりした!


画像


桜見てたらキハが行っちゃいました!なので追いかけていつもの定番(大汗)

小さな佐室橋梁でキハを撮影しました。


初夏のアジサイが楽しみなポイントです。

小川の木橋もいいんですよ・・・


画像


そして、もう一つの定番。

小さな新田野橋梁でキハを撮影しました。

広々とした田んぼが素敵な所です。

もう直ぐ水が入って代搔きが始まります。





画像


帰りの際、上総中川駅にて最後の撮影です。

菜の花はちょっとです。




画像



久しぶりの撮影なので、少し疲れました・・・



次回の撮影を楽しみにして家に帰ります。




いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第750回

2016 いすみ鉄道撮影復活祭! その6



半年振りです・・・
ようやく今年のいすみ鉄道応援撮影会が出来ました!

長かった・・・

いすみ鉄道社長、大変お待たせしました。
いよいよ千葉ンプの、復活いすみ応援ディスカバージャパン!
小湊同様後ろからサポートしていきます。



いすみ・大多喜は空気が違うますねぇ・・・

川のせせらぎを聞いていると、心が安らぐ・・・

原っぱの落ち葉のじゅうたんの上でお昼寝・・・

鳥の声がこんなにも大きく聞こえるものなのか・・・

カワセミが飛んでいました。

野生動物と出会える確率が大きい、いすみ界隈・・・


今日一日、素敵な空間の中を過ごす事が出来ました。
ありがとうございます、いすみ鉄道よ・・・

数回に分けてUPします。
お楽しみに!


画像


今回の撮影会も後半に入りました。

天気がやはりもちませんでした・・・(涙)

風がやや強く・・・

雲が流れてゆく・・・


3月は天気が変わりやすい。



第三です。

同業者が三名程いらっしゃいました。

あともう少し経てば、菜の花と桜が咲き乱れる・・・


全国から鉄道ファンが押し寄せるのもあとわずかです・・・

2016の春が始まります。


いすみ鉄道全般にいえる事ですが、ここももう少し環境整備してくれればと思いますね。

河川周りの竹藪や雑木・・・

線路周りや鉄橋近辺を綺麗にしていただきたいですね・・・


ボランティアで完璧に綺麗に伐採整備したいです!





画像




ここを機関車が走れば素敵でしょうね・・・(汗)







次回もお楽しみに・・・


いすみ鉄道に行こうぜ!俺たちの房総里山キハ物語 第749回

2016 いすみ鉄道撮影復活祭! その5



半年振りです・・・
ようやく今年のいすみ鉄道応援撮影会が出来ました!

長かった・・・

いすみ鉄道社長、大変お待たせしました。
いよいよ千葉ンプの、復活いすみ応援ディスカバージャパン!
小湊同様後ろからサポートしていきます。



いすみ・大多喜は空気が違うますねぇ・・・

川のせせらぎを聞いていると、心が安らぐ・・・

原っぱの落ち葉のじゅうたんの上でお昼寝・・・

鳥の声がこんなにも大きく聞こえるものなのか・・・

カワセミが飛んでいました。

野生動物と出会える確率が大きい、いすみ界隈・・・


今日一日、素敵な空間の中を過ごす事が出来ました。
ありがとうございます、いすみ鉄道よ・・・

数回に分けてUPします。
お楽しみに!



画像



お昼寝のポイントから、天空の橋にやって来ました。

さっきまで晴れていたのに、急に曇ってきました・・・(汗)


もう直ぐキハが来るのに・・・

晴れて・・・晴れてくれ・・・


残念でしたが曇ったままキハがやって来てしまいました。



しかしながら、鉄橋を渡るキハは迫力ありました!


橋の上で釣りをしていたムーミンも釣り上げた魚をばらしたかも!(汗)




画像



第四です。

ちょうど間に合ったので撮影してみました。



河川管理者に申す!

竹藪をどうにかしてくれ!

頼むから全て伐採して下さい!

全国の鉄道ファンからのお願いです。