浦安コンボイの模型たち 第221回

第二十四弾 タミヤ1/72 日本海軍戦闘機 雷電 その12


俺たちのタミヤ 3


タミヤの雷電を仕上げるのを忘れてました。
アオシマのワイルドキャットを作成中ですが、ちょっっとお休みして雷電を完成させたいと思います。
どうかよろしくお願い申し上げます。

行くぞ!雷電!


画像


デカールです!

ここまで来ました!(涙)


しかしながらこのデカール、古すぎてパリパリせんべいになってました・・・



画像



しかしこんな事で我輩はめげません!
古来伝来の裏技でこのタミヤのデカールを生き返らせ念力作法で張り付けました!(汗)


いきなり日本軍機になりました!

凄いね・・・日の丸の力は・・・

恐るべきタミヤの雷電です。



画像


部隊マーキングは381空602飛行隊に決めました!

602の02から始まります。

381空なので81じゃないのと思われますが02なのです。
この当時特設飛行隊制度を取り入れたのでこの様な処置となりました。

そしてこの600番台の機番号がもっと謎な部分ですが・・・(汗)
恐らく戦闘機でも局地戦闘機の乙戦なので空いてる600番台にしたのか・・・
謎です。
通常は100番台が戦闘機で、同じ部隊に別にある場合1000番台を付けたはず・・・
謎です・・・
331空や202空の戦闘機隊が編入されたからなのか・・・


誰か知ってる人教えてください。

381空の雷電隊は外地で使用した唯一の雷電隊で、バリックパパンの油田地区の防空に勤めました。
特にB-24コンソリとの戦いが有名です!

護衛戦闘機が付いてこないB-24は、602飛行隊雷電に袋叩きに木っ端微塵に叩きのめされのが痛快で最高です!

少ない機材での602飛行隊・・・
恐らく2回の補給しかされてないはずです。
機数は一陣が8機程・・・
二陣も8機程だと思われます。

この10数機しかいない小部隊で一体何が出来るのか・・・
出来る事はなんだったのか・・・
日本海軍外地防空戦闘機隊の心意気が泣けるんです・・・



爆撃機を撃墜する事は容易ではない・・・
生前の伯父の言葉を思い出す・・・



画像


ここで墨入れをしてパネルラインを浮き出させます。
リアルになってきました。


画像


あまり汚すと逆に興ざめになりますので注意です。(汗)

さりげない汚しで大丈夫です。



画像


この381空の雷電は最後に3機程生き残り、シンガポールの航空工廠に返納されています。
終戦時に2機イギリス軍に接取されたのが知れていますね・・・
今でもこの時の雷電が現在まで生き残っていたら超お宝になった事でしょうね・・・
イギリス軍も惜しい事をしました・・・


生き残ってる日本機は知ってる限りですと。
紫電改はありますね。
水上戦闘機の強風
雷電も1機あります。
月光・晴嵐
流星
彩雲
屠龍
秋水
橘花
零戦

紫電と烈風は無いかな・・・
震電ありましたね。
飛燕
疾風
五式戦
百式司偵


鍾馗は無いね・・・

99艦爆と97艦攻は無いね・・・
彗星はある。

天山も無いかな・・・

水上機はありませんね。残念です。
保存機のリストってあるのですかね・・・
レストアやレプリカ
新規製造などの・・・



次回もお楽しみに・・・


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック