Nostalgic Hero125

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦安コンボイの模型たち 第227回

<<   作成日時 : 2017/06/09 00:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第三十弾 タミヤ1/72 日本海軍試作局地戦闘機 震電 その5


俺たちのタミヤ 4


懐かしきタミヤ1/72 五天王!
あと2機でそろいます。

4機目はあの震電です!
頑張って作りたいと思います。


ようするに、出戻りモデラー奮戦記です!(汗)
どうかよろしくお願い申し上げます。


画像


本日も震電です。

ワイルドキャットも少し進んでますが次回です。

箱絵を見ながら、小松崎先生は何で2号機を描いたんでしょうかね・・・
と思いを考えていました・・・

何かを先生は感じていたんですかね・・・

今となっては分かりませんが・・・



画像


サイドのシリーズの箱絵を見てて驚くべき事実が隠されていました!

疾風の箱絵を見て下さい!

判る方には判りますが、何と!尾翼のマークが73戦隊なんです!

商品の箱絵は同じ疾風の絵ですが、部隊マークが第一錬成飛行隊です。

大発見です!



画像


カウリング部の筋彫りをやりました。

画像


スクラッチした脚庫を取り付けて具合をみます。


画像


だんだん出来てきましたよ!

画像


脚庫を接着して、機体内部を塗装して貼り合わせします。


画像


ここでスタンドの準備です。



画像



胴体を貼り合わせ、主翼とも合体接着です!

ここまで来ましたよ!

スタンドの取り付け穴もここで開けてみました。

画像


乾くまでそっとしときます。
次は合わせ目の処理が待ち構えています・・・(大汗)

どうなることやら・・・

画像


ここまでくると、ほっとしますね・・・

傷や凹みのチエックしながら隙間のパテ入れの準備に取り掛かります。

画像


スタンドが出来上がりましたので、乗せてみました。

まあまあかな・・・

この姿は久しぶりです。

高校一年生以来ですね・・・
来た〜!


画像


パイロットの準備にも入ります。
タミヤのパイロットさんは皆兄弟です。(笑)
なぜか落下傘をしょってるんですよね・・・(汗)


画像


残りのパーツは脚回りだけです。

いよいよ三点支持の重りチエック段階に入ります。
震電は三点支持なので機首に重りを入れないと完全に尻餅付きます。

これがやや厄介ですが仕方ないです。
日本機には数少ない着陸姿勢航空機です。


画像


隙間パテ充填大作戦です!

この震電はこれが大変な騒ぎです。

ゆっくりやっつけるしか方法はありません。

画像


カウリング下部と主翼との間の隙間がしびれます。
フェアリングも泣ける・・・

削り込みながらのパテ修正です。

画像


ようやく完了して最後の銀塗装しました。
最終チエックに来ました。

画像


部品を全て取り付け、主脚と前脚も仮取り付けして重りチエックします。

脚の角度調整もここで確認しときます。


震電を立たせてみました!

来た〜!


釣りのがん玉二個で大丈夫でした。
ちなみにがん玉は、ブラックバス用です。
操縦席から落とし込み作戦でやらかしました!(笑)




画像



日本機とは思えん姿してます。

もう少し完成が早ければB-29と試験戦闘が実施されてた事と思われます・・・(汗)
歴史に刻まれる事はありませんでしたが、この震電を完成させた意義は大きかったと思います。

たしかアメリカのスミソニアン博物館にこの震電が保管されていると聞きました。
廃棄処分しなかったんですね・・・
凄い!
何とかこの震電を元の姿に戻す事は出来ないのでしょうかね・・・
頼んますアメリカさん・・・

数年前に夜間戦闘機月光と水上機の晴嵐をレストアして飾ってあるとか!

次に直していただきたいです。



次回もお楽しみに・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめテレビジョン

おすすめレディオ

おすすめのじぇぃあ〜る

おすすめ鉄道関係の本

浦安コンボイの模型たち 第227回 Nostalgic Hero125/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる