Nostalgic Hero125

アクセスカウンタ

zoom RSS 浦安コンボイの模型たち 第232回

<<   作成日時 : 2017/06/15 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第三十一弾 タミヤ1/72 零戦32型 その2


俺たちのタミヤ 5


懐かしいプラモデルが大好き!
子供の頃作った、あの模型達を現代に蘇させるブログです。

今は無き偉大なる模型店コンボイ・・・
そして数多く消えていった千葉の老舗模型店・・・

力無き老眼との戦いの中、昭和の模型達を今ここに・・・
出戻りモデラー奮戦記!
お楽しみください。



画像


水平尾翼の上下を貼り合わせて具合を見ました。


画像


深いラインでかなり強調された模型になります。
タミヤの他の機種も皆同じです。
溝の深さが深い感じもしますが、見た目以上に丁度いい感じになります。

画像


機首の上の機銃囲いが珍しく別部品になっているんです。
面白い部品割です。

画像


機体の金型はこれ程までに気合い入れて制作しているのに、なんでプロペラとカウリングが今二つの出来なのか本当に不思議なところです・・・(涙)

ここまでやるなら最後まで気合いで作ってと言いたいです・・・



画像


当時100円のプラモデルとは言え、十分すぎる主翼です!
素晴らしいです。


画像


下面もこれでいいっす!
脚収納庫は仕方ないです。
当時でも蓋をしてあるだけでも上級処置ですね。
他のメーカーはほとんどのガランドーですから・・・(汗)

やっぱタミヤは当時から一歩前に進んでいますね!
さすがです。

フラップが可動!いいね!

画像


スタンド差し込み穴は初めから開いていました。

32型で着艦フックの溝もあります!
さすがです・・・

画像


おまけの増槽タンクを貼り合わせました。
取り付け部は今一です・・・(笑)


画像


パイロットは皆兄弟です。

画像


小物類に押し出しピン痕がとんでもない所にありましたのでパテで埋めました。(汗)


画像


この模型の最大級の難所です!

胴体下カウリングとの接合部分です!

排気管もモールドされていましたが成形が変なので削り落としました。

オイルクーラー空気取り入れ口も形が変です。
手直し作業が面倒なところです・・・(涙)

昔からモデラー間で論争でしたね・・・この部分が・・・なんともはや・・・


画像


主翼の接合部に貼ったプラ板ですが、右側はいりませんでした。
左だけで大丈夫みたいです。(大汗)

ですので削り取りました。
やれやれすっきりです。

画像


ぶぅぅぅぅん・・・♪

(笑)

しかし初版は何年前なんでしょうか・・・

1964年頃ですかね・・・

今から53年前ですか?(汗)

日本も大体この時代におおよその模型製作の基盤が出来た頃なんですね・・・
この模型は今でも十分通用する商品です。
今でも町の文房具屋さんでも売れると思いますが・・・(汗)


画像


子供の頃を思い出しますね・・・

震電もそうですが、近所の仲間と出来上がった模型を見比べたりしたものです。
零戦は特に子供でもその存在感は最高でした。
先日のエアーショーの零戦22型の飛来も最高でしたね!


さてと始めますか・・・



次回もお楽しみに・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

おすすめテレビジョン

おすすめレディオ

おすすめのじぇぃあ〜る

おすすめ鉄道関係の本

浦安コンボイの模型たち 第232回 Nostalgic Hero125/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる